2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

業務報告(2007年度)

2008.03.31

とりあえず・・・今年度終了。

「今年度終了」というのを翌日以降の仕事がある状態で書くのは、ずいぶん久しぶりです。
調べてみると、2003年度に1度だけあった。でもそのときはまだ社会人1年目、何にも考えていない(というのは若干違うかもしれないが・・・)状態の中であったため、色々と考えながらかつ翌日以降の仕事がある状態、というのは今回が初めてかもしれない。と同時に、今日終了した時点で「正職<パート」の雇用期間が長くなったことが決定。「正職」でいた期間よりも、パート職員としての期間が長くなってしまったのは、ちょっと想像外。もちろんモラトリアムがあるからまだ大丈夫といえばそうなのだが・・・やっぱり、新たなる目標に向かって進みたいものです。

そんなわけで、今日は年度末。
と同時に定年を迎えた職員がいたため、作業を早く切り上げて利用者さん向けの送別会。でもその送別会の温度差といえば・・・なんてとのこと。前のほうではワンワン泣いているかと思えば、後のほうでは笑っているなど・・・まぁ何ともいえないこの光景。いつもは表情をあまり示さない利用者さんがちょっと表情を変えてみる場面も見られ「あぁ、何かしら感じているのかな・・・」と思わせる場面も。そんな感じで進み、いつもより遅めの終了。

終わった後も名残惜しく残っている利用者さんがいたけど、結局帰ることに。
ただ、自分が帰る途中にワンワン泣いていた利用者さんと遭遇することになり、しばしのお話タイム。もちろん仕事時間外だからべつに対応しなくてもいいのだが、さすがに無視はできないので、しばらく「はけ口」になることに。まぁ色々と思うところがあったけど、とりあえずは話を受け止めて、何となく消化できる形にして帰すことに。このため帰宅するための電車を3本もずらして帰ることに。

まぁ自分的にも2007年度は色々とあった訳で・・・
当初は色々と愚痴ったりもしていましたが、やっぱり「新しい価値」を持つということではこの1年間は大きかったな、と思うのが率直なところ。自分でも最初の職場に比べ、支援に関して丸くなったかな、と感じる部分が多いです。初めて仕事をしたときはややトゲが多かったかな・・・と振り返れるようになり、その反省を活かして今の支援スタンスが出来上がっているかな、と思います。ただ、最初の職場ではその職場なりの支援を、デイの現場ではその状況に応じての支援を、そして今の作業所では今までの支援を包含して自分が思ったことをそのまま支援につなげているのかな、と感じています。どの現場でも間違えなくいえることは、そのときに感じたことや思ったことは、即そのまんま実践に移しているかな、と感じています。少なくともそのときは自分の中で「良い」と思ってやっていることなので、良いと思えることは実践するのが今も昔も変わらないスタンスでしょうか。(まぁ「昔」って言っても、たかだか5年前でしかありませんが・・・)

さぁ、明日からは新年度、「2008年度」が始まります。
業務報告も2008年度版となります。2008年度、どんなことが起こるのでしょうか。

あ、それと今日は3福祉士の合格発表でしたね。合格された方、おめでとうございます\(~o~)/

2008.03.26

やること、大丈夫?

昨日はココログのメンテナンスのため、記事はなし。まぁ本音を言えば、メンテナンスでよかった・・・と言ったところです。
昨日はちょっと心理的にあまり良い状態ではなかったため、そのときに偶然重なってよかったと思います。

で、今日の午後はミーティング。
その前に利用者さんが帰った後に加湿器の清掃。今年の1月末に洗って、いよいよ終わりと言うこともあり、乾かすために洗い直しをしました。でもたった2ヶ月程度しか使っていないのに、汚れはビッシリ。もちろん前回も「何じゃ、こりゃ!」となったフィルターも、見事に汚れており、今回の使用を持って廃棄。まぁフィルターも良くぞごまかして今シーズンも使ったな・・・と言うのが本音でしょう。

そんなわけで、洗浄・洗浄。
前回は一人で全部やったけど、今回は自分の作業部屋だけ。といっても2台あるため、受け皿は2枚、フィルターカバーも4つ・・・みっちりやればそこそこの作業量です。でも前回お湯を使ってみっちりきれいにしたときのように今回は行かず、水でたわしでこすりながらの洗浄。それでも完全に・・・とまではいかない状態。乾き始めると白っぽく汚れが出てきて「あぁ、ダメじゃん・・・」の状態。とはいえ、今回はとてもじゃないけどそこまで面倒が見切れないため、泣く泣くその時点で終了。
別に休憩時間を割いてやっても良いけど・・・寝たいので撤収。

まぁ実際は寝れなかったんだけどね・・・(^^ゞ

一休みした後に、ミーティング。
今回のメインになったのは、4月からの新しい業務について。4月から新たな場所を清掃することになり、その打ち合わせ。軽くミーティングの中で話し合いをした後、職員全員で清掃現場に直行。実際にどこを掃除するのかを下見することに。最初はずいぶん簡単そうな話をしていたけど、話が進んでいくと自分にとっては結構面倒だな・・・と思うようなところまで発展。とりあえずは職員が対応して利用者さんへの善後策を考えることになったけど・・・自分、正直不安です。まぁみんな「初めて」の現場なので不安に思っているのは自分だけではないと思いますが・・・うーん、利用者の前に「自分、大丈夫?」といった感じです。

正直なところ、勤務体系も変化することが、自分にとっての一番の「不安」にもなっているのではありますが・・・(^_^;)
さて、どうなるのでしょう・・・やってみないとわかりませんね。

2008.03.24

人のクツ持って行くなぁ!

年度末、色々と慌しいばかりです。仕事も色々入ってきていますし、施設的にも色々あり、慌しいです。
そんな中、利用者さんはマイペース。そう、あんまり利用者さんにとっては「年度末」って言うのは関係なさそうです。

さて以前と何度となく「傘」の話をしている自分。
そう、傘にまつわる話は色々あって、自分の傘を利用者さんに持っていかれてしまったり、その傘が偶然返ってきたり、あるいは「傘忘れないでねぇ!」と言いながら自分が傘を忘れたり・・・などなど、傘ネタはたくさんあります。今日も傘を持って「忘れないでねぇ」の声かけ。でも実は一番怪しいの自分だったりするわけで・・・(今日はちゃんと持って帰ってきましたよ。)

でもホントにこの作業所、油断も空きもありません。
身の回りのものの行方が分からなくなることは、よくあること。名前が書かれていないから、誰のものだかわからないことがしばしば。でも靴ぐらいは・・・と思っていた矢先のこと。

どこの作業所や施設にも必ず一人が二人はいる、「施設へのこだわり」。
帰る時間になっても「こだわり」があるため、なかなか帰らない利用者。いろんな方法を試してみているもの、なかなか効果が上がっていない状態。とりあえずは「敷地の外に出てもらう」ことで対応している現実。そんな中、今日も利用者さんが帰った後も部屋に残っている利用者さん。「ハイ、サヨナラ~!」と帰っていただくと、いきなりオイラの靴を履いて帰ろうとしたためすかさず「オイ、それは俺のだ!」と突っ込み。そのあとは自分の靴を履いて帰りましたが・・・

いやぁ・・・自分が履いてきた靴がわからないなんて・・・「全然違うだろう!」と思うのに、何でこんな「ミラクル」を起こすのでしょうか。この利用者さん、以前にも他の職員の靴を履いて帰ろうとして止められた経緯が。決して手帳の判定的には3級程度の利用者さんだけど、自分の靴と人の靴の区別がつかないなんて・・・オイオイといった感じです。いつもはそんな間違えをしないのに、ここ最近は間違え頻発。早く帰ればそんなことはないと思うのですが・・・何かの回路が間違って作動しているのでしょうか。

いやはやホントに・・・油断できません、ハイ・・・(-.-)

2008.03.21

うーん、なんだかなぁ・・・

今週の仕事は、水曜日でおしまい。で、今日は何をしたかって・・・バスハイクです。
Nec_0008

個人的にはもっとアクティブに動けるところがよかったのですが、予算上の都合からお台場周辺となりました。
で、最初に行ったのが、船の科学館。うーん、何十年ぶりだろう・・・たしか小学校低学年のときに、学校か学童で行った覚えが。でも何十年ぶりに行った船の科学館は・・・こんなしらっ茶けていたっけ、と思うくらいの「簡素」さを感じていました。もちろん利用者さんに色々と働きかけたけど、うーん・・・いまひとつ、といった感じでしょうか。まぁせめてもの救いは「体験モノ」を重視しているオイラとしては、船運転のシュミレーターを体験してもらえる時間があったかな、と言うくらい。まぁそれなりに反応のある利用者さんは反応してもらえたので、すこしだけ「やった感」があったかな。「展望台」って言っても、数十年前なら何もなかったけど、今は近くにフジテレビがあるのだから、フジテレビに比べたら全然低い展望台。むしろ、フジテレビを若干見上げるくらいの「展望台」ですから・・・果たして「展望台」と言えるのやら・・・(^^ゞ

それともう1つ、日本科学未来館と言うところに行ってきました。
感想は・・・うーん、子どもも楽しめるんですけど、むしろ大人のほうが楽しめる感じでしたね。利用者さんは・・・うーん、どうなんでしょ?ちょっと内容が難しかった気が。ただASIMOに関して言えば、これは誰でもわかる、といった感じ。たしかに「わかりやすい」ですから、ASIMO実演はかなり混雑していました。

でも、個人的にはASIMOよりもこっちのほうがお気に入りかも。
Nec_0010

ASIMOに主役を奪われてひっそりと存在する、アシカ(だったと思う。)
周りはASIMOに注目をしているけど、オイラはこっちのアシカと戯れていました。なんだっけ・・・「面感知センサー」って言うものがついているみたいで、犬をあやすのと同じ要領で触れると、反応してくれると言うもの。もちろん自分だけで楽しむのはもったいないので、ASIMO実演が終わった後に、利用者さんに教えて反応を見ることに。ビックリして腰を抜かす利用者さんもいれば、動物をあやすのと同じように反応する利用者さんもいるなど、反応はさまざま。ただ、それなりに楽しんでもらえたかな・・・と言う気がします。

でもでも・・・1つだけ言わせて貰うのなら・・・この施設、誰が建てたのでしょうね?
いや、大そうな建物であることは十分に分かったのですが、なんか日本科学の英知を凝縮して「これでもか!」と言わんばかりに、なんだか見せ付けるだけ見せ付けていたような印象。そもそも、有料スペース(今回の場合は「障害者」と言うことで、入館は無料)に入場するのにQRコードをかざしてゲートを通過するなんて・・・普通の人でも引っかかっていたことを利用者さんに要求するのは、ちょっと酷な気が。何もそこまで「ニッポンの科学技術はスゴイんです!」と言わんばかりに導入しなくてもよかったんじゃないの?、と思ってしまったのは、やはり私が「あまのじゃく」だからでしょうか・・・

あ、そういえば湾岸署を撮って来るのを忘れちゃったけど・・・ま、いっか・・・(^_^;)


(どーでもいいネタ)
行事のときは、いつも作業所まで車で先乗りして行っているオイラ。その帰りにふとメーターを見ると・・・2222じゃありませんか!これは1枚記念に・・・
Nec_0013

でも、未だに1000キロor1ヶ月点検をしていないこのクルマ、連絡が面倒でこっちからは何もやってないのですが・・・これもま、いっか・・・(^^ゞ

2008.03.19

肖像権の侵害です

休憩中のこと。
自分が休憩中は、ここにも何度となく書いているように、睡眠中。で、そのことは利用者さんも知っている状態。
この日は遅めの休憩で、自分の休憩時間に利用者さんも休憩になる時間。

そんな中、コソコソと自分が休憩している部屋に乗り込んでくる「侵略者」が。
意識はボーッとしていたけど、誰が来ているのかはわかっている状態。そしてケータイを開く音が聞こえ、シャッター音が。どうやら俺の寝ている姿を撮ったらしい。とりあえず認知はしているものの、そこでは何も言わずにそのまま放置。すると今度は自分の寝顔を堂々と撮ろうとする行動に。さすがに自分にとっても「休憩中」を邪魔されたくはないので、ケータイが自分の顔に向けられた瞬間・・・「何してるの(-_-)/」。
利用者さん、慌ててカメラを下げて引き返すことに。

それから休憩が終わって、作業部屋に戻って、写真を撮った利用者さんに一言。
「ケータイ、見せてごらん。」本人は「何もしていない」と否認するけど、状態はすべてお見通し。「なら、お仕事しないで結構です。」と言うと、慌ててケータイを取りに行くことに。どうやら本人はバレていないと思っていたらしく、他の職員さんに「ナイショね」と口裏を合わせていたみたい。そんなことをしても、簡単に見破ります。他の職員さんからは「知っていたの?」と聞かれ、「最初は無視したよ」と、自分も十分に把握していたことを暴露。

それからしばらくして、利用者がケータイを持ってくることに。
写メを、撮影時間は休憩時間内のこと。「何しているの」と言ったときは既に作業時間に入っていたと思うので、その時間まで遊んでいなかったことを確認。そして一言・・・「黙って撮っちゃダメだよ」と。

うーん、別に写真を撮ることに関しては自分は「不問」なんですね。
問題なのは「作業時間になっても遊んでいる」や「勝手に写真を撮る」こと、そのほかにも色々と問題にしたい点はあるのですが、写真自体は許容の範囲。別に正々堂々と休み時間に来れば、応じないわけでもなく要相談・・・のスタンスなので、そこまで利用者さんの自由を奪うつもりもありません。なので、今回撮った写真も「休憩時間内」だったため、特に消すことはなくそのまま返却。もし作業時間内の写真であれば削除をしていたと思うけど、そうではなかったので、その点に関しては不問。ただし・・・別の問題もあったので、軽くお灸をすえさせていただきました。

まぁオイラごときを撮っても、何の特にもなりませんけどね。
結局は利用者さんの自己満足であり、もし問題と感じるならば、保護者の方が対応すると思うので、自分はその件に関しては放置。特にどこかに流出するわけでもありませんし。
って、ちょっと考え、甘いかな?

2008.03.17

憂鬱な日々?

さぁ、1週間の始まりです!

と、心地よく行きたいものですが・・・ブルーマンデーです。何がブルーって・・・また、袋。

そう、今年に入ってから話題(?)になっている、穴あけです。

もちろんブルーな理由は・・・シワです。


前回もシワで苦労しましたが、今回も同じパターンです。
ただ今回の場合、穴を開けた部分シワがよるのではなく、マチの部分にシワがよっている状態。前回に比べればかわいいものですが・・・シワを見ると「またか・・・」と言う状態です。

今回こそ大丈夫だろう・・・と思っていましたが、その思いは無残にも消えました。
最初は調子よく穴をあけており、「今回は大丈夫みたいだよ」と言ったのもつかの間、徐々にシワになる袋が増え始め、穴あけを始めてから30分後には・・・1枚穴あけ。

前回と違うのは、必ずしも「シワ」になることはないと言うことだけ。
だからうまく見抜ければシワを作らずに穴をあけることができるけど、見抜きが甘いとシワだらけ。シワになる袋は、1枚だけでもシワになります。

あ~、またシワとの戦いですか・・・ふぅ。
それも今回は「急ぎ」とのこと。おまけに今週は行事があるため、実質的な稼働日は3日だけ。また憂鬱な日々が始まりそうです・・・(+o+)

2008.03.14

私もガンコ者です

昨日は身内の結婚で焦っている、と言う話をしましたが、仕事でもネタを持っていました。

自分も結構な「頑固者」です。

と言うのは、昨日の出来事。
同い年の職員さんと話していると、とある利用者さんがその職員に「セクハラ」行動。
同性の人ならまだしも、異性に対してはちょっと・・・と言う感じ。もちろん「セクハラ」そのものはいけないことですが・・・

ただ、色々と状況を聞くと今回だけではなく、日常茶飯事とのこと。
というわけで、具体的な行動に関して注意をすることに。今回は「お尻をさわらないこと」を注意。

ただし、簡単に話が通らない利用者がいるもの事実。でも看過できないので、対応。
すると「関係ありません」とのこと。イヤ、あなたやった事実あるし・・・と言うわけで、一言を取り付けるまでは徹底的に追い込みます。「関係ない」では済まない話だし、「仕事ができないの」と言われても、こちらの話を聞いてもらわないと困る状態。もちろん他の職員さんにも了承を得ての、教示。(「教示」って言うと上から目線だ、と言われる方がいますが・・・必ずしもそうじゃないと思いますけどね。ですから、私の場合は「教示」と言う言葉を使っていますが。)

押し問答が続くこと5分、さすがに自分のしつこさに音を上げたのか、最後には「しません」の一言。
その一言がもらえればかまわないので、そこで教示は終了。昨日はバス添乗があったので、添乗から帰ってくると、その利用者さんが他の職員さんに「Mitakeさんに怒られました・・・明日来れません」とのこと。もちろん教示の理由も説明してあるため、他の職員さんも同意の上での行動。結局今日は普段どおりに来ましたが・・・何となく自分に対しては引いている感じがありました。

自分、結構「バトルモード」に入ること多いです。
既にバトルをした利用者さんの数は片手ほど。今ではバトル関係にない利用者さんの中には、以前はバトルモードだった利用者さんもいます。まぁ「お互いの関係性」も大事ですが、自分もいつも言っているように「譲れない一線」と言うものを持っているので、それをクリアできない場合には自分も徹底的に対応しています。その部分に関しては障害があろうとなかろうと、関係ない部分であると思っていますので。もちろん障害があるからこそ施設に来ているわけですが、じゃ障害があれば認めちゃうのか・・・と言ったら、それは違うと思います。そこが自分の考える「譲れない一線」と言うことになるのかもしれません。

頑固な利用者さんが多いですが、自分も結構な「ガンコ者」です。自分の場合、徹底的にやりますからね。
もちろん「徹底的」は、仕事以外の部分(行事・遊びなど)でも徹底的に遊びますけどね(^_^;)

2008.03.11

お下劣・・・

ネタがないので・・・お下劣です。

けんべん・・・う○こを見ればあなたが分かる。いやむしろう○こでしか分からない。
で、オイラはこうらしいです・・・


Kenben


ちなみに・・・このサイト、利用者さんの前でやったら・・・嫌がられました。
まぁ当たり前と言ったら、当たり前ですが・・・

スミマセン、今日はこんなネタしかなくて・・・(^_^;)

2008.03.10

これが理想

週明け・・・朝は雨で、おまけにバスは遅延&混雑、かなり憂鬱です。

そんな中、いつもは遅れてくる利用者さんが、珍しく早く通所。
思わず「○○ちゃん、今日早いね!早く来ると気持ち良いでしょ?」と声かけ。「珍しいこともあるんだなぁ・・・」と思いながら、ミーティングが終わって部屋に戻ると、もう1人「遅刻常連組み」の利用者さんが。こちらは「お父さんに連れてこられた・・・」と連行(?)されての到着でしたが・・・(^^ゞ

そんなわけで、朝一のラジオ体操。
ふと体操をしていると・・・あ、今日遅刻している人いないじゃん!ここの職場で働き始めて、遅刻なしでスタートするのは初めてのこと。ちょっと感激してしまいました。

いや、これが当たり前の姿なのかもしれませんが、当たり前のことが当たり前になっていないのが現実です。
実際声かけなどをしても遅れてくる利用者さんはなかなか直らないもの。先述の「お父さんと・・・」と言うのも、保護者の方に連れてきていただいて成り立っている状態。もちろん「こだわり」などもあるのかもしれないので全員が全員・・・と言うのは難しいかもしれませんが、それでも「全員出席」と言うのが本来の姿であります。

といいながらも、残念ながら「全員出席」と言うわけにはなりませんでしたが・・・
で、欠席している人の事情を聞くと、「行くときは(作業所に)連絡する」とのこと。うーん、今まで頑張ってきていたけど、ちょっとお休みモードに入っちゃったかな・・・と言った感じ。とはいえ、やはり気持ちの問題。気持ちが「行く」とならなければ、せっかく作業所に来てもらっても利用者さんにとっては「苦痛な時間」以外の何者でもありません。

これから自立支援法の制度下に移行していく、作業所や諸々の施設。
今まで、いわゆる「法外施設」の場合は利用者の欠席などについて特に大きく触れることはありませんでしたが、今後法制度下の施設に移行すると、介護保険と同じ原理がはたらきます。要は「来た人の分だけ報酬を出す」という、利用者さんにとっても施設側にとっても「応益負担」となります。そう考えたとき、欠席者がいると言うことはその分だけ報酬が差し引かれることになるので、この辺も少し考えていかなければいけない問題なのかもしれません。
もっとも、こんな問題は今に始まったことではなく、もっと前から動くべき問題であると思いますが・・・それは法内だろうと法外だろうと、同じ問題であると思いますが・・・

全員出席、なかなか難しいですが、これが理想ですね・・・ハイ。

2008.03.07

愛してる♪

別に特定の人に言っているわけでありません。

この言葉でピン、と来た人は、ゲームやりなれていますね。
学校へ行こう!MAX」でやっている「愛してるゲーム」、たまたま自分もちょこっと見ていたので、ゲームの趣旨は理解していました。で、その話題がお昼の時間にあがり、一緒の職員さんと「これやったら、○○さん、撃沈だよね」なんて話すことに。でも話しているだけではつまらないので、いざ実践。

1人目。
もちろん突然言うのは変だから、この話題が前提にあっての一言・・・「愛してるよ。」
その言葉に利用者さん、一発で撃沈。イヤァダ~、ドキドキしちゃったじゃん。とのこと。予想通りと言うか、思惑通りというか、完全に術中にはまった利用者さん。

2人目。
やっぱり話題が前提にあっての一言。色々と他の職員さんと一緒に話している中で・・・「愛してるよ。」
見る見るうちに顔が真っ赤になってきてイヤダァ、Mitakeさん、そんなこと言わないでよ、照れちゃうでしょ。
こちらもやっぱり、撃沈。ぶつぶつ言いながら去ってしまったけど・・・完全にオチています。

っていうか、話しているうちに「女性の利用者さん、全員落ちちゃうんじゃないの?」と言う話に。
たしかに、全然イケメンでもなく、むしろブサイクな自分が言っても簡単に落としちゃう状態を見ると、たぶんほとんどの女性利用者さんは「愛してるよ」の一言で撃沈することは必至。こんなにお手本みたいに簡単に落ちちゃうとは・・・きっとそれだけみんなが「純粋」なのかもしれませんね。

まぁそういうオイラも、そんなこと言われなれてないし言ったこともないので、簡単に落ちる一人であることには変わりありませんが・・・

そうそう、今日は定期通院日。
昨日・一昨日はちょっと発作様の症状があったけど、特に気にすることなくスルー。次の診察日が行事と重なってしまったため、次回は3週間後の診察。とりあえず今日の時点で1ヶ月が経過。問題は「1ヵ月半の壁」、これを乗り越えられるかが勝負になりそうです。

より以前の記事一覧

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ