2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« こちらも進めたい | トップページ | 施設ごとの在り方 »

2014.07.10

CPA会議

ちょっと聞きなれない会議の名前です。
自分たちの場合は簡単に「ケア会議」と称しますが、今日の会議の場合は正式には「CPA会議」と言います。「CPA」とは「CARE PROGRAM APPROACH」の頭文字をとっています。

内容的にはケア会議とさほど変わらないのですが、位置づけは違います。
この会議の根拠は「医療観察法」をもとにしたもの。正式には「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律」といい、通称「医療観察法」と言います。これは心神喪失により刑事責任が問えず、重大な他害行為(殺人・放火・強姦・強制わいせつ・強盗、それら未遂、傷害)を起こした者に対し、適切な医療を提供し、社会復帰を目指すものです。

と言っても、被害を受けた人にとって見れば、そんなの関係ありませんよね。
自分のような立場の人間がこのような発言をしてしまうのは不謹慎ではありますが、今の法律では心神喪失で罪が問えない場合は、別の形で何らかの対応をすることになります。当然ながら心神喪失で無罪放免・・・なんてことはあり得ません。どのような行為を行ったかによって対応は変わってくると思いますが、そう簡単なものではありません。

今回自分は初めて参加しましたが、立場としてはサービス利用計画の作成。
なので退院後の福祉サービス利用にあたっての計画を作成することと、それに付随した面談も行う予定。もちろん退院しても法律による医療は続くので、イニシアチブは通院先の病院になるけど、全く無関係ではありません。

当然ながら守秘義務があるので、詳しくは言えません。
でも病棟内は非常に厳重です。当然ながら、誰でもその病棟に入れるわけではありませんし、病棟に入る前には念入りなボディチェックを受けました。人の出入りも管理されているので、かなりハードなものであると思います。その中で本人とも会いましたし、ご家族からの話も聞きました。かなりのスタッフが携わっての医療であり、また退院後も多くの人が携わっていることは事実です。社会福祉士や精神保健福祉士(今日は精神保健福祉士としての色合いが強かったかな)の仕事は、司法医療にかかわることもあるのです。

« こちらも進めたい | トップページ | 施設ごとの在り方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/59961944

この記事へのトラックバック一覧です: CPA会議:

« こちらも進めたい | トップページ | 施設ごとの在り方 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ