2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« どっちが本来業務なのか | トップページ | どう、対峙するか »

2014.06.02

あぁ、情けない・・・

自分がケース担当の利用者さんと、いつものように雑談。
この利用者さんは色々と担当職員が変遷して、自分が担当することに。別に何か悪いことがあったわけではなく、その都度適任者を決めて対応をしていた形。で、今回は自分が受け持ちをすることに。正直自分で対応できるのか不安だったけど、インテークでうまく対応ができたおかげか、援助関係としては非常に良好。利用者さんからも「Mitakeさんが担当になってよかった」と、とりあえずは及第点。

そんな感じで、利用者さんが来るといつも雑談をする自分。
雑談の中から相談に発展することもあるけど、今日は今後のことについて話すことに。あんまり詳しくは語れないけど、その利用者さんは生活保護を受けている人。ただ将来的には就労をして、生活保護を受けなくても大丈夫な生活にしたいとのこと。自分もそのビジョンについては賛成だし、決してそのビジョンが遠いものではないことも見立てている。ただ、完全に公的扶助を受けずに生活をするためには、障害年金が必要。でもこの利用者さんは障害年金を受給できる資格がない状態。もっとも、生活保護を受けているのだから年金保険料を払えるわけでもない。過去の状況を聞いても、ちょっと年金を受給できる形になれず、自分も何とか救済はないものか・・・と頭をひねる状態。

ただふと自分の中で、疑問が。
生活保護を受けている人はそもそも支払い能力がないわけだから、その部分は年金の計算に反映されないのか。別に利用者さんから頼まれたわけでないけど、自分の中で疑問が生まれたので調べてみることに。すると生活保護のうちの生活扶助を受給している場合は法定免除となり、年金計算に反映されるとのこと。ただし、免除申請を出さなければいけないということ。たしかに法定免除であることは言うまでもないけど、「申請を出す」という部分に引っかかり、年金ダイヤルで確認をすることに。すると10年以上もソーシャルワーカーをやっていてわかっていなかったことが。

それは法定免除であっても、届出を出さなければ免除にならないということ。
たしかに学生特例では届出を出さなければ特例は受けられないし、支払う能力がない時も届出を出さなければ未納扱いになることは自分でも知っていた。でも生活保護を受けている人も出さなければいけないことは、全くもって理解していなかった。生活保護になれば自動的に免除要件となり、届出を出さなくても免除になるものだと思っていた自分。これ、間違えだったんですね。そんなことを知らなかった自分が、情けない。

このことはすぐに利用者さんへ説明することに。
それを聞いた利用者さんは「だから年金のはがきが来ていたんだ」と、思い当たるものがあったとのこと。この申請、過去に生活保護を受けていても、遡及して適用はされないとのこと。数年分の未納を作ってしまった形になります。それでもこの事実が分かった以上、利用者さんに手続きをとってもらうことにしました。不幸中の幸いというのか、今から申請すれば65歳までに受給要件の25年以上を確保できるので、65歳になって年金がもらえないという状況を避けることができたのは、なによりのこと。以前が自分の担当ではなかったとはいえ、自分がこの仕事に就いて避けたかった「漏給」になってしまったことが、本当に悔しく、申し訳ないです。

« どっちが本来業務なのか | トップページ | どう、対峙するか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/59750245

この記事へのトラックバック一覧です: あぁ、情けない・・・:

« どっちが本来業務なのか | トップページ | どう、対峙するか »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ