2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« どう、対峙するか | トップページ | 単独行動 »

2014.06.05

距離感を間違えないように

サービス利用計画、初めてのモニタリング。
大した準備もできずに訪問しました。ただ、モニタリングは建前です。

本当の狙いは、被虐状態の確認。
利用計画の作成のために初めて訪問した際、職員さんから家庭内での虐待の可能性を聞き、本来の目的ではないけど継続的に関わりを続けた方がいいと判断。市役所に連絡が入っているため協議し、表向きはサービス導入のためのモニタリングとして設定することに。

その最初のモニタリングが、今日。
本来のサービス利用については問題はないものの、その後の様子を聞いたところ、今週の月曜に疑わせることがあったとのこと。自分も本人の傷を確認。決して新しい傷ではないものの、傷としては不自然なもの。転倒などの自然にできる傷ではなく、何らかの意図が働いたような傷。仮に何らかのきっかけで着いた傷を掻きむしってしまったとしても、それでも説明に不自然さが残るもの。

そこで自分は、あえて家族関係を引き出してみることに。
非常にコミュニケーションの難しい人だけど、それを承知で聞いてみることに。お父さん・お母さんと挙げたけど、反応はなし。しかし「弟のこと」というと、一気に反応あり。その反応は、お父さん・お母さんと挙げた時に比べて著しく違う反応。本人の口から誰にやられたとは言えないけど、この反応を見て弟が関係していることが濃厚になりました。

このことは市にも連絡。ただ、これで問い詰めるわけではありません。
自分の推測では、本当に誰もわからないところで虐待行為が行われているのではないかと考えており、当然ながら直接言うことはできません。ただ今度お母さんに来ていただくときに「こんなことをがありました」と、遠回しに様子を見ることはすることに。サービスの導入は「被虐保護」も念頭に入れたものであり、少しずつ間合いを近づけていこうと考えています。距離感を間違えてしまうと閉ざされてしまうので、慎重な対応が必要です。

« どう、対峙するか | トップページ | 単独行動 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/59766261

この記事へのトラックバック一覧です: 距離感を間違えないように:

« どう、対峙するか | トップページ | 単独行動 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ