2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 一応、意味あり? | トップページ | これからが、本番 »

2014.05.23

うちにも、必要なのかな

自分の公休日に、市から「虐待の記録を書け」と、書かされたとのこと。
まぁ内容は虐待というか・・・根も葉もないようなことで、内容的には非常にお粗末なもの。

その訴え主は、うちの利用者。
訴えた相手は、うちのボス。それもだいぶ昔のことで、当然ながらまだ虐待防止法ができるまえのこと。もう数年以上も前のことであり、市役所からは「匿名で話があった」と言われながら、うちでは別の職員が「実は市役所に連絡したんだけど・・・」と、全く匿名の意味をなしていない状態。さらに通報内容は、その人とは全く関係ない人を挙げている状態。

まぁホントに・・・バカバカしいです。記録を読んで、呆れてしまいました。
おそらくその通報をしたのは、未練があるから。その人が好きだった異性の人のことを挙げて「パワハラされている」と、全く事実にないようなことを話している状態。さらにその人、断薬をしているとのこと。もっとも、この人はまともな診断名がついていない人。ドクターショッピングもしており、一応市には診断書こそ出ているものの、うちとしては対応に注意をする人に。

なんかいろいろと引っ掻き回しているみたいです。
他の利用者さんにも現実離れしているようなこと言っているみたい。なんかこんな状態だと、やっぱり利用する人には情報提供書を書いてもらったほうがいいのかなぁ・・・と感じます。

情報提供書、正しくは「診療情報提供書」、いわゆる「紹介状」です。
うちのセンターを利用するには、主治医の許可を取ったのかは口頭確認のみ。市とも連携をとっているから簡素な手続きになっていると思いますが、市に情報がない人に対してはやはり情報提供書か診断書をとってもらっています。ただ情報提供書は保険適応なので、自費で書いてもらう診断書に比べると安く済みますし、より詳しい内容がもらえます。うちの施設を利用するために書いてもらうのも、保険適応になります。

市の施設ということと、手続きの簡素化で、そこまで求めていなかったもの。
でもこうやって確実に医療を受けなかったり、あるいは病状が不安定な人の場合には、やはり利用の適否についてちゃんと書面でとった方がいいのかなぁ・・・と思います。うち以外の同様のセンターでは情報提供書の提出を求めているところもあるので、求める理由はあります。利用者さんの利便性や経済的負担を考えると気が引けますが、安定した施設運営のためにもやはり書類をとった方がいいのかなぁ・・・と感じています。

« 一応、意味あり? | トップページ | これからが、本番 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/59693922

この記事へのトラックバック一覧です: うちにも、必要なのかな:

« 一応、意味あり? | トップページ | これからが、本番 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ