2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 明日もフォローかな | トップページ | 微妙に感じる温度差 »

2014.04.08

色んな力が働いた

仕事のことを書こうと思ったのですが、あまり今日は内容がないです。
その分、BPOの意見がでたので、それについてちょっとだけ。

ここでは書いていませんが、先クールのドラマは社会的な内容もありました。
「僕のいた時間」もその1つですが、その前に話題になったのは、「明日、ママがいない」でした。

結論から言うと、本来描こうと思っていたことができたのかな、ということ。
当然ながらそこには、他の団体からの圧力を受けた結果ともいえるでしょう。BPOが穏やかな表現になったのも、色々と配慮してのことではないか、と思います。

現実として、あんな施設はないと思います。だって、フィクションだから。
でも100%ないと言えるのか・・・それは言えないと思います。事実、虐待を受けた子が児童養護施設に入り健全に育ったか、といえば、そうでない場合もあります。まだ権利意識が薄かった時代は、逆に施設に入ったことで虐待を受ける子もいますし、今もなおそういった施設があるかもしれません。知的障害者の施設で虐待のニュースがあがってくるのはほんのごく一部で、氷山の一角かもしれません。それは児童福祉の現場でも同じであり、たまたまニュースにあがらないだけのことであって、小さいことを拾っていけば虐待のない施設はないです。

というと、また語弊があるので・・・すべての施設、とは言いません。
しっかりと子どもの権利を守って養護をしている施設もありますし、誇るべき施設もあると思います。しかし物事には必ず対極が存在するわけで、もしかしたらドラマで描かれた施設よりもひどい施設もあるかもしれません。それはたまたまニュースに載らないだけのことであり、逆のことを言えば素晴らしい施設もニュースにならないからその実態というものがはっきりしないのです。

これは児童施設だけでなく、多くの入所系施設に言えることですが・・・
近年になってプライバシーへの配慮、人権擁護の観点から「施設の中を見せる」ということが少なくなってきていると思います。これは結果として社会的使命を担っている「施設」がどのようなものであるかを見えなくしているように思います。もっと風通しのいい施設であれば、もっと積極的に施設を公開していくべきものであり、その中から「この施設はどのような役割を持っているのか」と言うことを発信しなければならないと思います。何か話題になっらから声をあげたり、あるいは一方的に批判をしてしまうのは、日ごろから社会に対しての働きかけが弱いから上がってくるのではないか、と思います。

一方で、テレビ局には萎縮して欲しくなかったです。最後まで、貫いて欲しかった。
もちろん時代によってドラマの描き方は変化するものであり、20年前はOKだった手法が現在はNGとされることもあると思います。でも今回のように問題提起をすることは非常に重要なことであり、キレイな部分だけ描けばいいものではありません。そういった意味で最初見た時はちょっと期待をしていたのですが、徐々にテイストが穏やかになっていることは当然ながら感じるものであり、周りの声に弱気になってしまったように感じます。ただし、今の時代は今回のように「負の部分」だけを取り上げるのは好ましくありません。ですからちゃんとフォローの番組を作ることは必要だと思います。マスコミも積極的に施設の現状を取り上げなかった責任は大きく、ドラマだけでは限界があります。

「視聴者が受容した」のではなく、「着地場所についた」のだと思います。
すべての意見は、事実だと思います。批判も事実だし、現実問題も事実です。事実を事実として受け止め、前に進んでいく必要があるのではないでしょうか。

« 明日もフォローかな | トップページ | 微妙に感じる温度差 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/59436792

この記事へのトラックバック一覧です: 色んな力が働いた:

« 明日もフォローかな | トップページ | 微妙に感じる温度差 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ