2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014.03.25

電話、面談、電話、訪問・・・

昨日もサービス利用計画のことでいろいろ動いたけど、今日も動くことに。
作業場のことも気になっていたけど、今日はほぼ1日計画作成の予定が入っていたので、入れずに終わることに。

その業務のほとんどは電話と面談と訪問。
時間ができた時に計画の作成をするけど、今週は受付の方が多い状態。そのため計画作成はどうしても後々に。午前中に1件面談を行い、色々と話を聞くことに。「緊張が強い」とのアドバイスを受け、なるべく固くならないように、堅い内容になるときはそのことを事前に伝えてから話をすることに。でも話の途中で自分も話を膨らませることのできる話題があったため、その話題を話しながら進めると比較的緊張が和らぐことに。面談が終わるころには幾分かはリラックスしていた様子でした。

面談の合間には、電話連絡。
計画案ができたことを伝えたり、その内容を説明したり、あるいは面談予約の設定をするなど、とにかく電話をかけることが多くなることに。なかには何度かけても電話に出なかったり、あるいは教えてもらった番号が「現在使われておりません」だったり。

そして午後は、また訪問。市役所からの依頼ケース。
計画的にはそんなに難しくなさそうだけど、その人自身で何か動かしていこうとする力はかなり弱そうな人。そのためこちらからどんどん働きかけていかないと埋もれてしまう可能性もあるので、別の意味で少し大変そうな人。ただ幸いにも「モチベーション」となるものを持っているため、計画の内容としては中身のあるものが作れそうな感じ。

今日は1時間早退したため、今日の仕事はここまで。
計画を作る時間はほとんどありませんでしたね。明日も訪問と面談を組んでいる自分。明日は・・・残業して計画を作らないと間に合わないかな。

2014.03.24

本質はどこにあるのか

年度末になっても、そんな実感が今まで以上に感じない自分。
それは今目の前の仕事に奔走しているからかもしれません。

今日も慌ただしい1日の中、時間を見て訪問へ。
訪問先は、高齢者医療では有名な病院。テレビの取材も受けているくらいの病院。色々と噂は聞いていましたが、実際に足を踏み入れるのは初めてのことでした。

受付で用件を伝え、面会へ。
案内された通りに病室に向かうと、そこにはセキュリティのための自動ドアが。自動ドアを開けて中に進むと、非常にきれいな空間。高齢者のケアをする一般的な病院とは違い、独特の臭いがありません。ナースステーションで説明をすると、病室へ。病室に到着すると、自分が思っていたよりも元気な対象者が。今日の訪問は、先日ここでも書いた、サービス利用計画作成をする方の現状把握のための訪問。

ただ、障害の程度は重かったですね。
心身の状況などを確認させてもらって、後からちゃんと病名を確認しましたが、すぐに原疾患は想定できました。本来であれば障害者総合支援法にのっとった施設でケアをするのがよいのかもしれませんが、資源として存在しない状態。なので、病院に預けざるを得ない状態なのでしょう。

その一方で、この病院には入院の限度がない病院。
いつまでも入院することのできる病院でありながら、途中で2・3日退院している現状。その辺について師長さんに聞いたところ「制度の都合みたいですよ」とのこと。職場に戻って確認をしてみると、どうやら手当てを受けるに当たっては入院要件が書かれているので、それをクリアするために退院していることと理解することに。

でもねぇ・・・手当をもらうためにわざわざ退院することは、いいことなのかな。
この病院、入院費は決して安くない病院。いや、非常に入院費が高い病院で、にもかかわらず入院待ちができるくらいの病院。ちょっと自分のお給料では、もし親に介護が必要になった時にこの病院には預けることができない。それだけ、お金のかかる病院。そんな病院に預けられるのだからそれなりの収入があるはずなのに、月数万円の手当をもらうために退院することの苦労は、本当に必要なのかなぁ・・・と思う自分。もちろん直接収入の話をしたことはないけど、資源がないからお金をかけてでも入れざるを得ないのかもしれない。入院する経緯についても聞き取りをしたけど、いろんな意味で考えさせられるケース。

価値観の問題でもありながら、今の制度についても問われているような問題。
それぞれの立場で思いや考えがあると思いますが、このケースが抱えるニーズの本質はどこにあるのか、非常に難しいことを問われてるように思えてなりません。

2014.03.18

なかなか、片付かない

もうすぐ年度末だというのに、その感ゼロです。
と言うより、片付けるものが多すぎるという感じです。

一番に片付けるのは、やはりサービス利用計画。
これだけは「待ったなし」でやってくるものなので、悠長にのんびりと・・・と言うわけにはいきません。今日も計画作成の面談をしましたが、なかなか立案は大変です。大変ながらも今日の段階で9割がたは何とかしたのですが、どうしても言葉が思い浮かばない部分もあり、1か所を埋めるだけでも大変な作業。当然ながら公文書になるので、表現1つとっても慎重になります。記入しては修正し、かと思えば修正を元通りに戻すなど、そんな作業が続く状態。

一方で現状を知るために、訪問も。
関係するところに電話をして事情を説明し、訪問のアポを取ることに。できれば明日訪問に行きたいところだけど、中の作業のことも気にする必要があるため、実際に行けるかどうかは不明。でも行かないことには、計画が立てられないのも事実。この件に関しては色々と引っかかる部分があるのですが・・・うーん、市役所に聞いてみる必要もあるかな。

そして、全然手を付けていないものも。
近隣病院デイケアとの交流会についてのまとめも、まだ書いていない状態。本当はそれも書いてちゃんとFAXを流さないといけないけど・・・明日で、1週間。ちょっとこれ以上引き延ばすこともできないから、こればかりは明日中に何とかまとめてFAXを送っておかないとマズイかな。

で、肝心の「年度末まとめ」は全く手を付けていない状態。
もう「まとめ」を書ける状態ではあるけど、とてもじゃないけどそこに手が回らない状態。去年ならもう書き始めていると思うけど、今年はそれどころじゃない状態。何が大きいかって、サービス利用計画の作成は想像以上に業務のウェイトを占めています。まぁやるしかないのですが・・・うーん、精神的にアップアップになりそうな感じです。

2014.03.14

過負荷?

このカテゴリーで書くのは、久しぶりのような気がします。
最近ご覧になった方は「仕事のこと」を書いているので、こんな話が出るのは・・・と思うかもしれません。ただ、こういったことも、ここで話す材料でもあります。

事細かに書いたのは、もう10年、いや9年ぐらい前かな。
自分は26歳の時に「てんかん→パニック障害」と診断されました。現在も精神科に通院中で、今日は定期通院日でした。昔は2週間に1回のペースで通院していましたが、今では6週間に1回と、だいぶ通院までの間隔を置いても大丈夫になりました。体調もだいぶ落ち着いていました。

ところが先週・今週と久しぶりに体調を崩しました。
特に先週は1週間のうちに2回も発作のような症状が現れ、数年ぶりのことでした。

自分のパニックの要因は、解剖的な内容です。
自分の中でその状況を想像した時、自分の中で考えられないような状況が頭の中をよぎると、発作が起きます。最近は大きな発作に襲われることはありませんが、発作状態になると意識が遠のきます。血の気が引ける、気が遠のく、めまいのような状態に襲われるなど、発作の状態は様々です。そしてその発作が特に強くなると、意識を失います。意識を失った状態は大発作の状態であり、その発作はてんかん発作と非常によく似ている発作になります。最初の診断が「てんかん」とついたのも、それが理由です。今はちゃんと専門の先生に鑑別してもらっているので「パニック障害」の診断ではありますが、脳波をとることもあります。去年は初診の時以来の脳波測定もしました。まぁ脳波がきれいかと言うと、決してそうではないみたいだけど・・・まぁとりあえず特に問題はないみたいです。

そのパニックの要因が、先週はありました。
利用者さんの話を聞く中で、目の治療を行うことを聞いたのですが、その時に「目に注射を指す」と聞いたとき、その画を思い描いてしまい発作を起こしてしまいました。しばらく調子が落ちたままで、何とか振り切りながらの状態。先生からは「辛い時は、ワイパックス(薬の名前)を飲んでもいいよ」と言われていたので飲むかどうか悩みました。ただその場は飲むことなく、時間の経過で対応しました。

しかしその週の週末に、再び発作がありました。
その時は発作要因に思い当たるものがなかったのですが、急に意識が遠のきそうになり、椅子から落ちてしまいそうな感覚に襲われ、自分でもどうしようもない状態でした。その時ばかりは普段の定時薬以外に頓服として服用しました。本当に、どうしようもない状態でした。

そして今週も、軽い発作が。
やはり同じ利用者さんから目の治療の話を聞き、意識が遠のきそうでした。何とか耐えた・・・というか、耐える・耐えないの問題じゃないんですけどね。

そんなこともあって、今日はいつもより長めの診察でした。
ただ、先生にその時の状況や自分の気持ちを話すことで不安の克服につなげている部分もあるのかな・・・と思う部分もあり、また調子がどん底まで落ちないのは薬のおかげと言うのもあるのかもしれません。いずれにしても、この病気と付き合っていくのは、まだまだ長そうな感じ。でもうまくお付き合いしていくことも大事なこと。そんなことを思い、話しながら自分の通院は続いていきます。

2014.03.10

どこまで受けるか

サービス利用計画の作成が始まり、怒涛の日々。
先週は毎日利用計画作成のための面談をして、作成ができた方には説明も実施。今日からは内容の同意を貰えた人の計画を市役所に出しに行きました。

でも計画作成はまだまだ終わりません。
今日も飛び込みで来た人がいれば、電話で問い合わせをする人も。飛び込みの人を受ける準備はできていないので、申し訳ないけどその方には予約を入れて出直してもらうことに。電話をかけてきた人には話を聞くけど、よくよく聞いていると「他のところで断られたから、お願いしたい」とのこと。オイオイ、断るのかよ・・・

基本、断っちゃいけないんですけどね。
ただ受けきれない時など、相当の理由があれば別。とはいえ、市内にある相談支援事業所の数には限りがあるのも事実。なので、ある程度大変でも受けてもらわないと困るのも事実。何しろうちの事業所、市が配布している一覧の一番最初に書いてあるから、当然ながら目当てにされます。おまけに他の事業所は結構中心部から遠いところにあるだけに、その利便性からもうちを選ぶ人も。

試しに計算してみました。
基本的にうちに電話をしてきた人は、全員計画作成希望。なので必然的に作ります。今決まっている人の人数分のサービス利用計画の作成をすると・・・単純計算で、約40万円の収益。ス、スゴイ。

でもねぇ・・・どこまで受けるのか、という悩みも。
予約を受けるときの基本スタンスはこの前確認したけど、そのスタンスを維持したとしても計画希望をする人は増える一方。入れた分は作る訳であり、毎月こんなにたくさんの希望者がいるわけではないけど、それでも今は大変な状態。正直、大車輪状態です。

今週も面談の予定は盛りだくさん。
さらに訪問の日程も組んだので、今週も忙しくなりそうです。

2014.03.04

根本的な問題

今日も計画相談。
で、こんな時にアポなしでやってくる親子。「必ず連絡をください」と言っているのに、いつも連絡なし。

当然ながら計画相談の方が優先なので、自分のペースでやりました。
いや、本来はこんなやり方は雑なやり方であって、決していいやり方ではないことは自分でもわかっています。ただ本人はおろか父親も話しが入らない形なので、申し訳ないのですが一方的に話をさせてもらって切り上げました。

正直なところ、障害云々の問題ではない感じ。
本人は面接はこれたのに、作業なると突然来なくなる状態。振り返りの時に色々と聞くのですが、本人は「忘れてしまう」の一点張り。もちろん他の障害のことも考えましたが、父親を含めた聞き取りの中ではその傾向はみられない様子。一度検査を受けたとのことだけど、おそらくその検査も自分が疑った障害のことであるはず。でもそこでも異常はないとのことだから、やっぱり疑った障害ではない。

自分も悩んで、事例検にも出しました。
その中の意見としては「診断された障害とは感じない」とのことで、こちらからの積極的な支援はしなくてもよいのではないか、と言う意見も。結局約束は守れない、行動は口だけ、本人は困っている様子がない。これじゃ支援をしても効果は感じません。プラス、父親の変化も見られず、家庭環境についても検討してもらったけど、こちらにすべてを投げている印象すらある状態。

だから自分も、投げちゃいました。
「もう一度、ちゃんとDrと相談してください」と返すことに。少なくとも、まだうちの施設を使うレベルではない。もっと別な方法で考えるべきであり、そこまでの体制は組めません。そのことを話してお引き取りしてもらうと、帰り際に子どもに対して「お前がちゃんと行かないからだ」と言っている様子。いや、そういうことじゃないんだけどね・・・ある意味で難しいケースですが、ここまで来ると「障害」を理由にしていいものなのか、と思います。もっと、根本的な別次元の問題があるように思えてなりません。

2014.03.03

また、手続き

何だか訳のわからないことばっかりで、疲弊しています。

午前中は虐待業務の打ち合わせ。
そのあとに計画相談のことで確認をしたけど、なんだか市の体面のことばっかり。うちのセンター業務として位置づければいいものを、それをかたくなに拒否。挙句の果てに「別名称を」と言う始末で、その手続きをするとなればなったで、またガタガタと。別に自分たちは希望してやっているのではなく、事業所が足りないからやっているだけのこと。わざわざ自分たちの業務を増やしてまでやることじゃないので、やったらやったで細かいことを言ってくる市に、ほとほと嫌気がさします。

午後は計画相談の契約と面談。
正直なところ、あんまり障害児の相談は来て欲しくないなぁ・・・と思って契約前のインテークをすると、完全に障害児の相談支援。当然ながら引き下がれないので、契約です。途中、一緒に来ていた子どもをあやしながら、同僚が面談を進め、時々自分が子どもの様子を見てはまた面談同席。まぁ小さい子どもにとって2時間をそれなりに過ごすというのは、相当大変なこと。DVDを流したりしましたが、子どもはよく頑張りました。

で、障害児の相談支援のため、請求業務の準備も。
最初は障害児の方の事業者番号で基礎情報を作ろうと思ったけど、何度やってもできない状態。そのため色々と調べてみたら、どうやら障害児の情報は障害者と別のシステムをインストールする必要があるとのこと。そんなことは全然わからなかったので、急いでインストールして障害児用の請求事務準備もすることに。

その他にも書類の訂正などいろいろあり・・・今日は疲れました。
明日も相談が1件あり、当然ながら対応。今度は自分が作る番かな・・・と思いながら、今週の業務を見ると、自分でもギョッとしてしまいます。なんだか休みなく仕事をすることになりそう。年度末は色々と忙しい中、さらに拍車をかけている状態であり、憂うつです。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ