2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« そんなに、読めない・・・ | トップページ | また、手続き »

2014.02.27

空気、違うようなぁ・・・

本来は公休日だけど、人手不足で会議だけ出席。
でも・・・うーん、欠席でもよかったのかな。

今日出たのは、市役所の精神関係の情報交換会。
その名の通り、精神科の病院や施設、関係する機関が集まって情報を交換する会議。4半期ごとに開催され、基本の担当は自分ともう1人。最近は自分が出ることが多いのですが、今回も自分が出ることになりました。本来は公休日なのですが、ボスが間違って自分を振ってしまったため、他の人も出れない状況だったので休日出勤してきました。

ただ、今日はちょっと少なかったですね。
特に相談支援の事業所が自分のところだけだったので、本当に今日は話しっぱなしと言う感じでした。他の機関も「これと言って・・・」と言う感じ。ただ、2週続いた大雪対応に関しては話題が多く、それぞれが対応に苦慮していたことが報告されました。

そんな中、1人ちょっと違う雰囲気。
周りは色々とエピソードや今後のことについて話をする中、自分の担当業務のことで質問や長々と話をする人が。一応どこの人かは言いませんが、うちのスタンスとしては結構周りを引きずり回している感じの人で、今日も「機関」のことで報告をしているのにもかかわらず、その人は自分の担当ケースの対応について一生懸命話している感じ。最初は「そうですねぇ」と言う感じだったけど、段々とその人が自分のケースのことばかりに一生懸命話している状況に、他の人は筆を止めていました。最後には「そういうのは事例検討で・・・」と切り上げられる形に。

まぁその人も「行かされた」と言う感じなのかもしれません。
情報交換会であれば自分のケースではなく、もっと大局的な話をするのですが、ちょっとその人は浮いている感じでしたね。事例検討はうちでもやっているし、市役所とともに定期的に行っているもの。もちろん、その人が属する機関も一緒に入って事例検討を行っています。だからそういう状況のことも知らない人なのかもしれません。

自分はそんなに多くは語りません。
でもその人の空気感は、なんか違うよなぁ・・・そういうことで機関の評価が出てしまう部分もあるので、発言は一歩間違えれば怖いことですね。

« そんなに、読めない・・・ | トップページ | また、手続き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/59209988

この記事へのトラックバック一覧です: 空気、違うようなぁ・・・:

« そんなに、読めない・・・ | トップページ | また、手続き »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ