2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 時間よ、止まれ | トップページ | 面談→対応→試作→面談→面談 »

2013.09.10

事例検討会

事例検討会、またの名をケースカンファレンス。
ケースカンファレンスはよくここでも言っていますが、便宜上ここでは「事例検討会」と「ケースカンファレンス」は分けて使いたいと思います。一応、こんな区切りで。

・ケースカンファレンス;
古い言葉でいう処遇会議。これからの支援の方向性を決める会議。
・事例検討会;
主にスーパーバイズを目的とした会議。時には事例共有や事例報告としても実施。

で、今日行ったのは事例検討会。
実は自分、事例検討会に参加するのは初めて。もっとも、自分が事例検討会に出るような位置にいなかったこともありますが、今回事例検討に挙げる対象者が挙がらなかったので自分のケースの中であるか、ということで自分が悩んでいるケースを挙げたわけです。

正直、緊張もんです。自分的に言うのであれば、久しぶりの「ケース会議」。
「ケース会議」は自分が最初の職場で毎月行われていた会議。利用者さんをあいうえお順で取り上げ、ケース担当者が現状の課題や方向性について提示し議論するというもの。正直ケース会議は自分が苦手としていたもので、自分の順番が来るといつも憂うつな気分になっていたもの。学生の時にやったケース検討とは全く違うものであり、いつも苦い思い出ばっかりでした。

そんなことを頭に思い浮かべたため、やっぱり憂うつ。
しかし当時と明らかに違うのは本当に「憂うつ」に浸っている場合はなく、その間に普通の相談に対応したりしていること。「憂うつ」と言いながら、そんなことに構っている時間はなく、あっという間に事例検討の日がやってきてしまいました。もちろん書類も、直前まで作成することに。

まぁ結論から言うと、貴重な意見がいただけました。
今まで自分が対応してきたケースに当てはまらないものであり、どうやって支援をしていけばいいのかと悩んでいました。しかしいろんな方からの意見を聞けて次の手が見いだせたことも事実。検討会が終わって率直に「貴重なご意見、ありがとうございました」というと「参考になった?」と意外な言葉。自分としては当たり前のことを言ったまでだったけど、なんか他の人の場合はちょっと違うみたい。まぁ何はともあれ、次の1手どころか、2手3手まで自分の頭の中に描くことができたので、とてもいい時間でした。

でもまずは、対象者が明日来ないことには話にならないんですよね・・・ハイ。

« 時間よ、止まれ | トップページ | 面談→対応→試作→面談→面談 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/58168634

この記事へのトラックバック一覧です: 事例検討会:

« 時間よ、止まれ | トップページ | 面談→対応→試作→面談→面談 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ