2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 難しいだろうな | トップページ | 自分も勉強 »

2013.04.17

何を語るか

本来であれば、今日は公休日でした。
しかし昨日の時点で急きょ出勤することになりました。

緊急・・・と言うわけではないのですが、休みを待つわけにはいかないもの。
虐待対応が発生し、昨日・今日と対応をしてきました。

前回は本当に緊急を要す、ものだったにもかかわらず不満の残るもの。
今回は緊急じゃないから・・・というわけではありませんが、時間的猶予があるケース。それでも会議を放置することはできません。

障害者虐待防止法では、障害者虐待の通報・届出を受けると「コア会議」を開くことになっています。具体的な開催期限は定められていませんが、児童虐待の場合は緊急性が乏しい場合を除き48時間以内に受理会議を開くことを目安にしています。ですので、障害者虐待の場合も48時間以内にコア会議を開くことが望ましいと思います。実際、高齢者虐待の場合も48時間以内にコアメンバー会議を開いているので、それに準拠すべきものではないかと考えます。

虐待の受理をしたのは昨日。昨日の時点で市役所には第一報を入れました。
そして今日の朝一でコア会議を実施。コア会議は市町村が開催することになっているので、自分はそのメンバーとして参加。まぁ自分が受理をしたので参加するのは当然の話でありますが・・・

コア会議では今後の基本的な対応方針を協議します。
その中で今回の要になったのは、本人の意向を尊重すること。実はまだ本人からの話は聞けてなく、虐待相談をしたのは母親でした。なので、今ある情報は母親からの話。実際のところはどうなのか、また虐待の事実についてどの程度のものなのかを確認する必要があります。それを確認するには、やはり本人の話抜きに判断することはできないものであります。また虐待の背景にあるものは一体何かを見極める必要があります。単純に理解不足であれば勉強会を開くことで改善する可能性もありますし、逆に虐待行為が恒常化しているのであれば権限ある機関による調査も必要になるでしょう。とにかく、実態を突き止めるには本人の話を聞かないことには始まりません。

そんなわけで、次の一手は本人の面接。
今日のうちに連絡をして、本人の休みの日に面接を組みたい旨を話し、都合のいい日を連絡してもらうことにしています。業務の内容上、今の時点で話せることは少ないですが、今後事例として紹介できるものになれば改めて伝えたいと思います。

« 難しいだろうな | トップページ | 自分も勉強 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/57195060

この記事へのトラックバック一覧です: 何を語るか:

« 難しいだろうな | トップページ | 自分も勉強 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ