2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 仕事始め | トップページ | 少ないのも、また逆に・・・ »

2013.01.05

どこまで自分はやるべきか

昨日とうって変わって、今日は仕事モード。
相談室は使わなかったけど面談をした利用者さんがいたし、昨日やり残した仕事をまとめて今日終わらせたものも。そして色々と考えていることの企画書づくりも。「あれ、あった方がいいな」と思うものは数知れず。

ただ局長からは今後の業務のかかわりについて雑談的に話すことに。
他の業務ももちろんやるけど、自分の表向きの仕事は「虐待問題担当」であり、もし虐待通報や届出があれば何より先にこっちの方が優先に。インテークを受けるのは当然ながら、市と一緒に事実確認に行ったりすることもありえるし、会議にも参加することも当然あり得ること。

でもずっと虐待の問題ばかりにかかわるわけでもないのが実際。
その時は他の業務も行うわけであり、作業場に入るのも日常。ただしさっきも言った通り通報や届出があれば作業中であっても虐待の方が先に。当然ながら作業場に腰を据えて・・・なんてことはできません。別に意図したわけではありませんが、作業場の中軸も今までは自分がサブでやっていたけど、今まで自分の立ち位置だった部分は他の職員に任せて、自分はサポートに回ることに。当たり前だけど、今の自分の立ち位置は全体を理解した上でのサポート。だから本当に必要になればメインの職員さんと同じようなことをするし、状況に応じて自分も変わっていくことに。要はオールラウンドプレーヤー的にいるのが、今の自分。

だから正直、本当に自分の立ち位置は難しいです。
虐待問題が一番の業務だけど、毎日やっているわけではない。普通の日は一般相談も取るし、作業場にも入る。だけど何かあればすぐに・・・という位置は、作業場ばっかりに重きを置くことはできないんですよね。作業場に関しては思う部分も色々あるし、オールラウンドだから何でもやるけど、いざ抜けるとなると作業場にダメージが行くことも。もちろん限定的だけど、自分が作業場担当の人数としてカウントされながらも虐待が入ったらすべて飛ばして虐待へ・・・というのは、自分のシフトチェンジがものすごく大変です。心持をしながらアンテナを張るのは、常に迷いっぱなし。今日の話も正直なところ、自分はどうすればいいんだろう・・・って思っちゃいますね。来年度以降、自分の立ち位置はもっと難しくなること必至。ちょっとそのことを想像したら・・・胃が痛くなりそうです。

« 仕事始め | トップページ | 少ないのも、また逆に・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/56477600

この記事へのトラックバック一覧です: どこまで自分はやるべきか:

« 仕事始め | トップページ | 少ないのも、また逆に・・・ »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ