2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« なんとかなるものだ | トップページ | どれだけ出回っただろうか »

2012.04.24

作業にこもりっきり

やっぱり火曜日の出勤は、勝手がわかりません。
でも今日は完全に作業場にこもってしまいました。というより、作業メイン。

準備すべきものは色々あるけど、取り急ぎというのはそんなでもない状態。
そのため作業のヘルプにも対応することに。なにしろ、今日から始めるものだとのこと。

内容としては非常に簡単。化学成分の色見本を半分に折るというもの。
ただ・・・作業は簡単だけど、その後の手間は非常に大きかったです。

折る紙はちゃんと折り目もついているので、比較的誰でもできる作業。
その後に枚数を数えて結束するという作業もあるけど、これも利用者さんに任せられる作業。

しかし最後の梱包はそう簡単にはいかないもの。
台紙をまとめてキャラメル包みで梱包。さらにそれを段ボールに入れて出荷。最初は別の職員がやっていたけど「やってもらえる?」とのお願いがあり、自分が担当することに。

ところが今回の作業、少々曲者でして・・・
キャラメル包みをするのはわかるけど、梱包する体積が大きく、普通に包んだのでは若干包装が小さい。さらに包むものが「結束した台紙」で、ちゃんと安定して梱包ができないもの。きちんと積んで包装することができないんですよね。包むものは不安定、包装紙は寸足らず。非常にやりにくく、曲者です。

まぁそんなことを言いながらも、何とかするのが自分。
色々と方法を考えて、ギリギリのところで包装しました。寸足らずの紙も何とか引き寄せ、最後は体全体を使って圧縮して包装することに。以前の職場で何度もキャラメル包みをやっていたからできるものの、普段からキャラメル包みに慣れていない人では、ちょっと難しいかな・・・と言ったところ。

でもね・・・明日、自分お休みなのね。
で、明日までに今日の作業分も合わせて2万枚の台紙を作らなきゃダメなのね。今日の時点で約1万で来ているから残りは1万だけど・・・キャラメル包み、誰かがやらなきゃ進まないんです。一応「包み方のコツ」は伝授してきたけど、結構包むのは大変。明日を乗り切ったとしても、今月中に7万枚を作ってとのこと。作業そのものは楽だけど面倒なことも残っており、この先を考えると少々ゾッとします。

« なんとかなるものだ | トップページ | どれだけ出回っただろうか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/54552554

この記事へのトラックバック一覧です: 作業にこもりっきり:

« なんとかなるものだ | トップページ | どれだけ出回っただろうか »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ