2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 一応、ソーシャルワーカーなので・・・ | トップページ | ダメなものは、ダメ »

2012.02.01

どこまでを「配慮」するのか

いつも、いつも、いつもそうですが・・・休み明けは、色々とあります。
その中でもどこまでを「障害ゆえに」として見るべきなのか、難しい部分があります。

今日は朝から色々と対応をし、本来やりたかった仕事ができなかった状態。
そのうち1人の利用者さんについて、朝から色々と話をすることに。自分が出勤するまでの色々な経緯も聞いたけど、自分の考えとしては「急ぎ過ぎ」という思い。そしてもう少し「社会」のことをちゃんと捉えなければその先に進まないかな、ということ。そのためいつもよりも少しきつめの内容で話をすると、案の定「痛いところを突かれた」との反応。

さらに自分が別件で対応している姿を見て「僕の知っているMitakeさんじゃない」との反応。
そりゃ利用者さんによって対応の仕方は違うし、対応する内容でも当然方法は異なってくるのは当然のこと。しかし彼にとっては「やさしいMitakeさん」という姿しか記憶にないため、そのギャップで自分に相談することができなかったとのこと。

そして最終的には色んな所に電話をした様子。
彼とは明日面談をする予定になっており、そのことで以前利用していた作業所に連絡をすると「今日電話がありました」とのこと。それも1か所ではなく、少なくとも3か所には電話を掛けた様子。もちろん3か所とも事情はよく分かっており、作業所さんからは明日の面接については打ち合わせ通りに進めることを確認。さらに特別支援学校の先生からも「明日なら行かせていただきます」と、ありがたい返事。もちろん自分の方からもお願いし、明日の面接はかなり中身のある内容になりそうな感じ。

これからの支援は、どこまでを「障害があるために」と考えるのか、どこからを「社会に合わせる」と考えるのか、この部分が一番の肝になりそうな部分。障害特性が故に配慮が必要な部分があれば、障害関係なく対応していかなければいけない部分もあり、その線引きをどこにするかが難しいところ。いずれにしても明日の面接では何かしら動く可能性があることは確かなこと。その動きが前向きに動くのか、あるいは後ろ向きに後退するのかは自分でも読めない部分。でも、これは決して避けては通ることのできない問題であり、まさに明日は真っ向勝負と言ったところです。

« 一応、ソーシャルワーカーなので・・・ | トップページ | ダメなものは、ダメ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/53880918

この記事へのトラックバック一覧です: どこまでを「配慮」するのか:

« 一応、ソーシャルワーカーなので・・・ | トップページ | ダメなものは、ダメ »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ