2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« サービス残業 | トップページ | シングルベル »

2011.12.23

忙しい・・・けど

昨日からの準備で今日も朝から準備、準備・・・
そんな中「ひょこ」と顔を見せた利用者さん・・・あれ、昨日電話をした子が。

昨日の電話は「本人」ではなく「母親」にする目的でかけたもの。
留守電にも「明日改めてお電話します」と入れており、今日のクリスマス会が終わってから電話をするつもりだったけど、本人が「先回り」をして来所する形に。せっかく本人が来ているのであれば、そのまま帰すのもなんなので、面接をすることに。

そもそも母親に連絡をしようと思ったのは、就業先での行動から。
木曜日に就業先の企業から支援依頼が入り、その内容が「他の女性職員に付きまとう」というもの。そのほかにも支援課題はあったけど、特にこれに関してはちょっと看過できない問題であるため、早急な対応をすることに。

(いや、本来ならこういうところも企業でやってもらいたい部分で、何かあればすぐに支援機関へ・・・というのは、正直如何なものなのか。同じ日のメールでは「コンプライアンス研修を実施しました」なんて連絡があったけど、そういう研修をするのであればもっと基礎的な研修をしてもらいたい。単に対外的なメンツの研修ではなく、実態に即した研修を。そのことを承知の上で立ち上げた特例子会社であるはずなので、「指導員」という肩書を持つならばそれなりのことをするのも企業のミッションじゃないの・・・と言いたいことは山ほどありますが、とりあえずは事を急ぐ課題なので、その辺については省略。また、日を改めて。)

本人を相談室に通し、まずは近況確認。
その後に徐々に本題へ。じわじわと話を狭めながら、話の核心へ。付きまといの対象になっていたのは、自分の想像通りの人。その理由を聞いてみると、話がしやすいからとのこと。話が進むにつれて、職場でも見られる「泣き」がこの面接でも入ることに。

いや、彼のやっている行為は許容できるものではありません。
だから彼の中では「呼び出されて叱られる」という気持ちもあったのかもしれません。しかし彼には事実確認をしたうえで、「叱るために来てもらっているのではない」ことを説明。企業としては「付きまとっている」という行動だけを抽出して連絡をしたけれど、肝心の「何故」という部分には踏み込んでいな状態。詳しい背景や理由、本人の気持ちや考えを聞かずに、一方的に「ダメ」というのはあまりにも芸がありません。「付きまとい」の行為の裏にある背景をしっかりと浮き上がらせなければ、本人にとってはただ「叱られた」という思いしか残りません。大事なのは、本人がどう思い、どう感じ、どう行動したか。

なので彼には「叱ろうとは思っていない」と自分のスタンスを伝えることに。
明らかに許されない行為(暴力など)は問答無用に叱るけど、そうではないことであれば話を聞きたいことを伝え、あわせて「悩みを自分一人で抱える必要はない」ことを伝えることに。会社であった出来事など、何かあれば遠慮くなく自分のところへ連絡して構わないし、土日だったら出勤しているから、直接来て自分に話しても構わないことを伝えることに。そして彼に対して「君は一人じゃないよ」と伝え、30分の面接が終了。

正直今日なんかは面接をやるものじゃありません。
でも来ちゃったので、何らかのアクションも必要だったため、周りは準備で忙しいのにもかかわらず、面接をやりました。今日の来所者のほとんどはイベント参加。それ以外の利用者は3名で、うち2名は自分が相談担当。忙しいけど・・・でも相談対応をするのも仕事ですから、「今日はなし」なんて言えませんからね。

« サービス残業 | トップページ | シングルベル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/53553444

この記事へのトラックバック一覧です: 忙しい・・・けど:

« サービス残業 | トップページ | シングルベル »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ