2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 情報発信 | トップページ | パイロット版 »

2011.09.08

母の誇り

今日は午前中に訪問活動。
普段「訪問活動」と言えば利用者さんの自宅に向かうことが多いけど、今日は関係機関へ出向くことに。目的は挨拶と情報提供。

で向かった先は、認知症対応型のデイサービスセンター。
当然障害ではなく、介護保険の施設。でも利用者支援には関係を持つ施設になります。

自分が抱えている、サービス利用計画対象の利用者さん。
何度もこのblogには出てきているけど、この利用者さんの場合は利用者さん単体ではなく利用者さんの家族全体を包括的にサポートしていく必要のある家庭。その中で母の通所するデイサービスが変わったことによる挨拶とこれまでの経緯についての報告をするために訪問活動に行ってきました。

もちろん説明だけではなく、ちゃんと母にも挨拶。
最初自分の名前を言っただけではピンと来ていなかった様子だったけど「○○さんのお世話をしています」というと「あ~ぁそうかい。それはご苦労です。」と一言。その後少し話しかけをしましたが、返答はナシ。

うーん、前回以前のデイサービスセンターに挨拶に行ったときは結構話もしてくれたけど、今回は続かず。何かしら話を振っても、あまり関心を示してもらえない状態。もっとも、目の前にはカレンダーの塗り絵があったからそちらの方に意識が集中していたということもあると思います。ただ・・・認知症が進んでいることは事実で、「お世話をしています」というところに関しては表情を緩めたものの、あとは表情なし。寡黙に塗り絵の方へ。その後トイレ誘導をされていたけど、その時も表情なし。自分のことは完全に記憶からはなくなっています。

でも自分の子どもの名前を聞けばわかるというのは、やはり母。
たしかに認知症で今までの人間関係を忘れてしまったという部分はあるけど、それでも家族のことは忘れず、自分の子どもがお世話になっていることを知れば「ご苦労です」と返してもらえる部分は、やはり「母」としての意識がなくなっているわけではありません。むしろ「母として」という思いの方が強いのではないかと思います。どんなに忘れることが多くなっても、家族という最後の砦は守られているところに、母の誇りとも思えるものを感じました。

« 情報発信 | トップページ | パイロット版 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/52681251

この記事へのトラックバック一覧です: 母の誇り:

« 情報発信 | トップページ | パイロット版 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ