2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 久しぶりの長話 | トップページ | ごったがえし »

2011.08.21

キレイゴト

Yahooニュース“番組史上最年長ランナー”徳光和夫、チャリティーマラソン完走「千里の道も一歩から。やれば出来る」(オリコン)

 フリーアナウンサー・徳光和夫(70)が21日、日本テレビ系『24時間テレビ34 愛は地球を救う』(20日午後6時30分~21日午後8時54分)のチャリティーマラソンに挑戦し、午後8時44分にゴールした。2007年にランナーを務めた萩本欽一(当時66歳)を上回る、70歳で“史上最年長ランナー”として見事完走を果たした徳光は「千里の道も一歩から。やれば出来る」と、ステージ上で大の字に横たわり笑顔。「気分は最高です!でも喜寿(77歳)のときには、もう走りません!」とコメントし、会場から溢れんばかりの拍手を浴びた。
(中略)
 徳光は「俺みたいなズボラな男でもやったんだから、みんなもできる!」と力強く語り、「マラソンだって番組のプログラムの一つ。あくまでも24時間テレビは皆さんが主役です。今後も被災地への募金やご支援、よろしくお願いします」とゴールを見届けた観客に呼びかけた。
(中略)
 2001年には急性心筋梗塞を患うなど身体的に不安要素も残っていた徳光だが、妻・早苗さんの反対も押し切り今回の参加を決意。見事大役を果たし、日本中に大きな感動と勇気を与えた。

ここでこんなことを書けば、色々と意見があると思います。
ですので、それを承知の上で、やっぱり書きます。

というか、全然見ていません。なので、わかりません。ニュースだけの情報です。
このトピで自分が気になった言葉・・・
 ・マラソンだって番組のプログラムの一つ。あくまでも24時間テレビは皆さんが主役
 ・日本中に大きな感動と勇気を与えた

みんなが主役・・・って、こうやって「完走」がニュースになっている時点で、「皆さんが主役」というのはない。みんなが走ったわけでなく、走ったのは70歳の老体。既往歴があるのにも関わらず、鞭打って走破。走り切れたからよかったものの、もし最悪のことが起きたらどうするのだろうか?「医療スタッフやAEDがあるから」なんていうのであれば、非常に次元の低い話。どんなに体のできているスポーツ選手でさえも心筋梗塞で命を落としたのだから、あえてリスクの高いことに挑む意義というのがあるのだろうか?

あと、日本中に大きな感動と勇気って・・・それって、作られたものじゃん。
意図的に作られたものに、果たして「感動と勇気」はあるのだろうか?サッカーのなでしこジャパンが世界一になったことと比べれば、これってそんなに感動するものなのかなぁ。本当の感動や勇気って、筋書きのないところで生まれたドラマにあるんじゃないのかな。なでしこジャパンや高校野球、こういったものの「感動と勇気」というのはとても大きいと思うけど、意図的に作ったものに感動なんて・・・そんなの、押し売りだよ。

自分が「アンチ24時間テレビ」になったのは、いつのことでしょうか?
小さいときは物珍しさから見ることがありましたが、福祉の仕事をしてからは見なくなりました。おそらく小さいときに、24時間テレビのTシャツを着た人が平気で電車の優先席(当時のシルバーシート)に座っているのを見て、そこからアンチテーゼを感じるようになったのかもしれません。まぁ今はブログやSNSが生まれ、そこで24時間テレビの否定的意見が多くみられるようになり、自分もそれに便乗をしているのかもしれませんが・・・意見は色々とあると思うので、社会の中の1つの意見として読んでもらえれば構いません。

« 久しぶりの長話 | トップページ | ごったがえし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/52534467

この記事へのトラックバック一覧です: キレイゴト:

« 久しぶりの長話 | トップページ | ごったがえし »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ