2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« ずいぶん前に届いたのですが | トップページ | 久しぶりの長話 »

2011.08.18

小さな怪獣

本来ならば仕事・・・なのですが、またサボっちゃいました。
サボったというか、一応ちゃんと「有給休暇」の届は出してきました。

去年は土曜日の参加で協力した、夏休みの特別活動。
しかし今年は土日出勤のため土曜日の協力ができなくなってしまったので、せめて平日だけでも・・・と思い、平日の特別活動に参加してきました。

前回は先週の火曜日で、鉄道博物館に。そして今日は、飯能の名栗川へ。
前回も今回も、自分の担当はやんちゃなお子ちゃまです。

ただ今回のほうが多少はやりやすかったですね。
一番最初にかかわった子どもなので保護者の方も自分のことを知っており、お母さんからは「Goサイン」が出ているので、いろんな意味でやりやすい子でした。

とはいえ・・・やはりそこは2年前とは違って、パワーアップ。
2年前に初めて担当したときは自分にしがみつきっぱなしで、完全にコアラの親子状態。それが今年はスロットル全開で、川を所狭しとランニング。自分もマリンシューズを用意していたので対応できましたが、あまりに頑張っているため、途中で沈めました。まぁ沈めると言っても、水深約30センチ。横になったら何とかスッポリ・・・と言う位なので、沈めるというほどではないかも。でもあまりに元気すぎるときは自分が捕えて、そのまま体スッポリ川の中へ。すると子どもは「ヨーォ、ヨーォ、ヨーォ」と冷たさを表現。これをすれば一時的には静かに。でもまた元気になれば再び水没。そのたびにヨーォ、ヨーォ、ヨーォの声が。いつしか「それやったらヨーォ、ヨーォ、ヨーォだよ。」というと、ちょっとだけ自制することに。まぁ川遊びをしてすぐにアカンことをやったので、かなり厳しく叱ったのも少し残っていたのかもしれません。その辺は2年前の「1年生」と今年の「3年生」での違いでしょうね。赤ちゃんの1年生から、怪獣の3年生に大変身。

でも・・・やっぱり帰りのバスの中は、スヤスヤなんです。
自分の腕を抱きしめるようにして寝る姿は、やっぱりまだまだ子どもなんですよね。起きているときは暴れん坊の怪獣でも、一度寝ちゃえば普通の子ども。でもこうやって自分に甘えてきてくれるのは、あと何年でしょうか。自分が本格的に携わるようになって3年目、子どもたちは着実に大きくなっています。

« ずいぶん前に届いたのですが | トップページ | 久しぶりの長話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/52508876

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな怪獣:

« ずいぶん前に届いたのですが | トップページ | 久しぶりの長話 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ