2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 仕事、いっぱい | トップページ | 困難ケース »

2011.03.04

説明できないや

今日は作業場での仕事。
作業場に行く前に市役所によって色々と話をしたけど・・・うーん、注文の多いこと。まぁ係長と所長は性格的には「相容れない」性格同士なのかなぁ・・・と、ちょっとだけ感じていました。

で、作業場の方に戻ると、今日は朝から箱作りが。
発注が入ったみたいで、ある程度はストックができているものの、まだ数が足りないとのことで自分は検品に回ることに。箱をチェックしながら次の作業がしやすいように整えながら仕事をしていると、ある利用者さんが自分に対して

 「Mitakeさん、境界性パーソナリティ障害ってテレビでやってたんですけど、知ってますか?

とのこと。聞いたことはあり何となくイメージはできていたので「うん、あるよ」と答えると「それって、どんな症状なんですか?」と聞かれたので、なんて答えようかなぁ・・・と思慮。しかしここで間違ったことを言ってしまうのもよくないのでしばらく考えたのち、「調べてきます」と返答。あわせて「○○さんは先生にパーソナリティ障害と言われたんですか?」と聞くと「僕はうつと統合失調症です」とのこと。すかさず、「じゃ、パーソナリティ障害ではないので大丈夫かな?」と聞くと「ハイ。」とのこと。
うーん、今になってこの返しは・・・よかったのかな?

まぁそれは別にして、改めて「パーソナリティ障害」について調べました。
精神の分野は他の職員に比べて弱いのも事実なので、ここは精神保健福祉士のテキストを開いて確認をしてみることにしました。でも・・・ぶっちゃけ、感覚的には何となくわかったものの、じゃそれを説明しなさいと言われると、今の自分の力ではかなり難しい部分があるのも事実。なので、今度聞かれたときの返し方は・・・「一言じゃ簡単に説明できないから、(主治医の)先生に聞いてみてもらえる?」と。

うーん、「逃げ」ですね。
でもちゃんとした情報を提供できないなら、そうやって別の方向に向けてしまうのも手段の1つ。もっとも、この利用者さんは別にその障害のことを知りたいわけではなく、根底にあるのは「コミュニケーションをとりたい」という欲求の1つの手段として、テレビで見たパーソナリティ障害のことを話題にして話を持ってきたかったのだと思うので、たぶんその答えを聞かれることはないかなぁ・・・うん、そんな感じ。

でも精神の障害って、難しいですね。改めて、実感。

« 仕事、いっぱい | トップページ | 困難ケース »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/51033455

この記事へのトラックバック一覧です: 説明できないや:

« 仕事、いっぱい | トップページ | 困難ケース »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ