2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 気持ちのはけ口 | トップページ | 需要拡大 »

2011.02.07

支援につながるか

今日は1日パンフレット作りに費やそうかな・・・と思っていたけど、午後に急きょ面接が。

内容は知的障害のケースで、自分も対応をしてほしいとのこと。
しばらくすると社協の人に案内されて、センターへ。少しガードが堅そうな感じがあったので、笑顔で対応をして、相談室へ。相談室に入ると「ここはしせつ?」と尋ねられ、応対することに。そして名前を聞いた後、自分の名前と何をしているかを説明。ただ話の内容は自閉的なこだわりもあってなかなか進まない状態。試しに自分の名前と住所を自分のレポート用紙に書いてもらおうとしたけど、本人からは「ひらがなでいい?」と聞かれ「うん、いいよ」と話すと、レポート用紙の罫線を完全に無視して、何とか読み取れるようなひらがなで自分の名前を記入。書字ができない段階で、自分の見立ては2度か3度と推定。

その後も色々と話をしたけど、正直様子はつかめない状態。
ただ「市役所に行った」と言う事実がつかめたので、市役所にも用事があったため一緒にこの件について確認をすることに。あわせて、その子には自分の名刺を渡すことに。名刺の裏には「相談したいことがあります」と、保護者あてにメッセージを書くことに。

で、市役所で状況を確認すると、既に何度も市役所の窓口に来ているとのこと。
そのたびに「保護者の人と一緒に来て」と話すものの、どうしてもその部分が伝わらず本人しか来ない状態。市役所の方でも市にある台帳を基に連絡をして見るものの、窓口まではつながっていない様子。結局このケースに関しては、市と連携してサービス利用につなげる方向で支援を行うことに。

いや、ちょっと面倒なケースです。
細かいことは言えませんが、今までの経緯に関してはかなり疑問点が残るケース。どうして今の状態になったのか、もう少し掘り下げてみないと何とも言えないもの。いや、もしかしたら本人だけではなく家族としても支援が必要なケースである可能性も決して否定できない・・・いわゆる「多問題ケース」。すでに1件抱えている自分としては、ここでも結果的に受け持つことに。とにかくこのケースに関しては、サービス利用につなげられるか、支援の網に引っ掛けることができるのかどうかが重要。とても本人だけじゃ厳しいものがあり、その点について家族は何を思い、何を考えているのか・・・決して容易なケースではなさそうです。

« 気持ちのはけ口 | トップページ | 需要拡大 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/50807732

この記事へのトラックバック一覧です: 支援につながるか:

« 気持ちのはけ口 | トップページ | 需要拡大 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ