2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« バザー2発目 | トップページ | わかりにくい? »

2010.11.22

根拠に基づく・・・

久しぶりに、1日デスクワークをしていました。
デスクワークの内容は、今度の放課後対策の時に話すネタ作り。この前の子どもとのかかわりについて自分が思ったことや感じたこと、必要かなと思うことについて、ちょっとレジュメとしてまとめることに。

その内容の基本になるのが「根拠に基づく~」というもの。
英語でいえば「evidence-based...」というもの。一番に挙げられるのが「evidence-based medicine(EBM)」、根拠に基づいた医療、という表現。

EBMの概念も最近になって取り上げられるようになっているため、医療分野以外での「evidence-based」という考えはまだ少ない状態。それでも「根拠に基づいた」ということの重要性はどの分野でも叫ばれており、用語としてはまだ認知はされていないものの「evidence-based...」とつける考え方も少しずつみられることに。

しかしながら実際問題としては「evidence-based...」と挙げながらも「evidenceとは」という部分になると、まだその部分の研究領域や何を持ってevidenceとするのかがはっきりとなっていない状態。やはりこの辺はどんなに探しても見つからなかった。

とはいえ、「根拠に基づいた支援」というのは必要であることは間違えないこと。その一方で「経験に基づいた支援(narrative-based...)」というもの決して否定のできないもの。そこで自分が落としどころにしたのは「根拠もない、経験もない支援は、専門職としてはいかがなものか」という点。もちろんこんなことをやっても「釈迦に説法」みたいなものだから今更・・・という部分があるけど、もう一方でOTの学生さんがお手伝いしてもらっていることも踏まえて、学生さんにもちょっと考えてもらえればな・・・との思いでまとめた部分も。「evidence」は当然OTになれば嫌でも耳にする内容であるため、今の段階で形を変えた形で考えてもらえれば、というのが自分の狙いでもあるところ。

あー、なんか久しぶりに知識労働をして、疲れちゃいました・・・

« バザー2発目 | トップページ | わかりにくい? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/50104615

この記事へのトラックバック一覧です: 根拠に基づく・・・:

« バザー2発目 | トップページ | わかりにくい? »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ