2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 何を話したかさっぱり・・・ | トップページ | 聞き分けのない子 »

2010.10.01

人間観察

今日は定期通院日。
いつもより早く病院に到着し、予約時間前に受付をしたのに、呼ばれたのは1時間過ぎてから。それも、自分は最後のほう。久しぶりに長い時間待ちました。

それだけ待ち時間があったためか、ちょっと人間観察もしていました。
以前に「妙な感じ」を受けたことがあったことを書いたけど、自分も「患者」としてボーっとしているときは単なる一患者として埋没しているのかもしれないけど、ちょっと自分の意識を高めて「支援者」として周りの患者を見ていると、なかなか面白いものがあります。

自分より年上かと思われる人がご両親と一緒に通院し、会計や次回の予約、さまざまな手続きに関してすべてご両親が窓口となっている家族を見ていると「親亡き後はどうするのかな・・・」と感じてみたり。

かと思えば一人で通院に来ているものの、次回の予約を取るときに「そこまで聞いていない」ということまでしゃべって結局予約を入れずに帰る人を見て「あぁ、几帳面だな」と感じてみたり。

なんだ、不思議な感じですね。
自然と患者さんを自分の施設の利用者さんに当てはめるように観察してみたり、支援者として自分がいた場合にどうやって対応するかな・・・と考えてみたりするなど、どこか第三者的に見ているんですよね。

そういえば自分も体調が悪かったとき、よく自分のことを見ていました。
「本来の自分」と「専門職としての自分」がいて、自分が悲観しているときに、どこか客観的に自分のことを見ている「専門職としての自分」がいて、それに対して色々と分析したりする自分。さすがに最近は自分の悪い状況を客観視する自分はいなくなりましたが、でも心のどっかでは「客観的な自分」がいるのかもしれません。病院での人間観察は、まさに「客観的な自分」がその姿を見ているのでしょうね。

ホント、自分も病気になって良かったのか悪かったのか、いろいろな見方をする自分がいます。

« 何を話したかさっぱり・・・ | トップページ | 聞き分けのない子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/49617897

この記事へのトラックバック一覧です: 人間観察:

« 何を話したかさっぱり・・・ | トップページ | 聞き分けのない子 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ