2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« ある種の理想形 | トップページ | にぎやか »

2010.09.17

結局、出勤

今日は久しぶりの研修。それも自宅から比較的近め。
いつもより少しだけゆっくりできる分だけいいな・・・と思いつつ、会場に到着したらグループワークがあるのを知って「なんで(研修に)手をあげちゃったんだろう・・・」と若干の後悔。

正直なところ、研修の内容は「どのようなスタンスでいればよいのか」といった内容と、何となく「政治色」の強い研修だな・・・というのが本音です。あくまでも自分は「3障すべて」というのが自分のスタンスであり、それを精神に特化するものはどうなのかな・・・と感じました。たしかに研修の大元が精神保健センターだから精神のほうに偏ってしまうのはわからなくもないですが、でも「地域活動支援センター」は精神だけのものじゃないし・・・いや、たしかに法律の流れ的にはもとは精神の施設だから仕方ない部分もあるのですが、やっぱり自分は門戸を開いて共通した認識を持てるようにするのがいいなぁ・・・というのが思ったところです。

まぁあんまり研修の内容をゴタゴタいってもしょうがないのですが・・・
今日は研修が終わればそのまま帰宅、8月に早出出勤した分の消化で休む予定でしたが、研修中にケータイが。朝は職場からの電話で、それはすぐに解決。しかし研修が終わって着信を見てみると、相手は放課後対策を使っている保護者からの電話。一度職場のほうに電話し、内容を確認すると、次の放課後対策の時は受け入れ時間を早めてほしいとのこと。ただそれがOK出せるかはわからなかったので、改めて所長あてに電話することを伝えることに。

しかし・・・よーく考えると、自分休めないんですよね。
当初の予定では帰宅して睡眠・・・のはずだったけど、また電話しなければならないことになったため、自宅では休めない状態に。そして時間は、まだだいぶある状態。

うーん・・・この際、出勤するか・・・
そう思い、帰宅せずに車の駐車場に向かい、そのまま職場に戻ることにしました。当初の予定とだいぶ変わることに。そして結局、残りの時間を普通に仕事をして終わることに。
もちろん、早出出勤の消化も取り消し。

ゆっくり休める・・・と思ったときほど、うまくいかないですね。
ちなみに今度は来週の火曜日に有休を入れているけど・・・ちゃんと休めるかな?

« ある種の理想形 | トップページ | にぎやか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/49479504

この記事へのトラックバック一覧です: 結局、出勤:

« ある種の理想形 | トップページ | にぎやか »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ