2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 何というか、ホント・・・ | トップページ | 記憶がない »

2010.08.28

子どもたちの成長

今日は午後から夜までボランティア。
夏休み最後の特別プログラムだっただめ、いつもより時間も長く、屋台形式で夕食を食べることに。

そんな自分は1日の間に担当する子が変わるという、ちょっとイレギュラーなもの。まぁ自分の場合は誰が来ても「どんと来い」といった感じで、遊んじゃいます。そして親御さんから「好きにしてください」と言ってもらえると、本当にやりやすいのです。

今日も前半に担当した子は子どもたちの受付前に来て、当然そこにはお母さんもいたけど、子どものほうが先に先に・・・といった状態。お母さん曰く「早く私から離れたいのだと思います」とのこと。そしてプール活動も「沈めちゃってください」と、お母さんからOKサインをいただくことに。本当にこういうお母さんだと子どもたちといろんなことができて、助かります。子どもたちのことを知るために作ってある調査票も丁寧に書いてあるし、ボランティアをする側としてはとても助かります。もちろん一定の信頼関係ができているからこういうことが言えるのだと思いますし、逆に親御さんの思いを受けてあげたいですね。もちろんOKサインがあったので、プールでは常に沈めっぱなし。何度も転ばしたり、水をかけたり、体全体で覆いついたり・・・もちろん他の子も自分に「戦い」を挑んできた子には容赦なく、完膚なきまでに沈め倒す。
まぁ自分に限らずボランティアに来ている人全員の共通認識として「楽しく過ごす」というのがあるので、それをみんなで体現しているといったほうが正しいでしょうね。

思えば今のところでボランティアを初めて1年。
その前の単発でのお手伝いをしたことを含めれば3年になりますが、1年間通して子どもたちを見ていると、本当に成長していることを実感します。ボランティアのほうはほとんど変わらないのだと思うのですが、子どもたちは去年と今年じゃ大違い。今日担当した子も、去年の川遊びでは冷たい水におっかなびっくりで、自分が片腕で抱え上げることができたのに、今年は片腕じゃ到底無理で、両手で抱える状態。それも、ずっしりと重さを感じて。他の子も雰囲気が一気に「男の子」から「男子」という雰囲気になった子もいるし、女の子も御ませになっていたりもするし・・・でも基本の「子どもらしさ」というのは変わらないので、やっぱりそこに愛おしさを感じるんですよね。

子どもたちの成長を実感できるお手伝いをできることの嬉しさを、今一度かみしめています。

« 何というか、ホント・・・ | トップページ | 記憶がない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/49278905

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもたちの成長:

« 何というか、ホント・・・ | トップページ | 記憶がない »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ