2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« ちょっと疲れ気味? | トップページ | 何を書けば・・・ »

2010.06.06

やっぱり子ども対応?

先週は議事録作成をやっていたけど・・・実は木曜日に終わっちゃいました。
で、木曜日の時点で市役所にメールで送り、金曜日には修正案として戻ってきていました。そんなに大きな修正はなく、ちょっとした言い回しや語句の補充ぐらいで、内容そのものの主旨に関する修正はありませんでした。とりあえず、議事録は終了です。

で、今日は午前中にビーズのデザイン。
これから少しでも軌道に乗せるために、ない頭を使って図案のひねり出しをしました。ない頭を絞り出してできたのは、既に完成品の見本があるスイカ、今日図案化したいちご、ぶどう、りんご程度。うーん、自分の発想力の低さが嘆かわしいいです。

午後からはリハビリ教室。
先月はフリマに出店していたため自分は不在。1ヶ月ぶりのリハビリ参加です。なんか「リハビリ参加」と言うと自分がリハビリを受けているみたいな感じですが、自分はあくまで「補助」。歩行訓練のときの障害物作りをしたり、リハビリの環境を整えたりするなど、基本的には裏方。でも小さい子には自分も「リハビリ補助」として参加。

まぁ小さい子と言ってもまだ中学生相当の年齢。
そんなに「小さい」と言ったら語弊があるけど、本当の「施設利用者」としては一番若い方。だからその子がリハビリをするときは自分も一緒に参加して、リハビリのサポートをしています。もっとも、自分もこういう形でお手伝いできるのは望むところですけどね。

リハビリが終わって帰り際に、その子のお母さんと話をすることに。
すると「この子は男の子・男の人が苦手だけど、(ここではそんなそぶりも見せずに)珍しいです。」とのこと。その子の自分の表情をよーく見ている感じで、帰るときにハイタッチを出すと、その子からタッチをしてくれるくらいに。きっと最初のうちは様子を伺っていた部分があったと思いますが、徐々に一緒にやることで何となく自分の存在を受け入れてもらえたのかな・・・と思います。

そういえば、他の職員さんから「Mitakeさんは子ども向きだね」との声も。
いやぁ、子ども向きかどうかはわからないけど・・・たまたま子どもが自分にハマっただけのことなのかなぁ・・・いや、自分が子どもになっているから同じ目線で見られているだけなのかもしれません・・・ハイ。(^^ゞ

« ちょっと疲れ気味? | トップページ | 何を書けば・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/48561513

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり子ども対応?:

« ちょっと疲れ気味? | トップページ | 何を書けば・・・ »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ