2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 思いが伝わらない | トップページ | コネタマ;5月病 »

2010.05.21

まだ結果は出てないけど

今日は作業場での仕事。
作業場での仕事のときは、ビーズです。完全に「ビーズ担当」と言う形で、午前中にバラのビーズの選別をした後に午後から作業。作業サイクルも完全に出来上がり、そのサイクルにあわせて作業も進めることに。

結果、これまでに作り上げた作品は30点ほど。
そのうち選りすぐりの15点ほどをお店に出すことに。果たしてこれがどんな評価を受けるのか・・・

ただ、色々と話を聞くと、今回ビーズに取り組んだのは正解だったのかな、と感じています。
自分は曜日交代で作業場に来ているけど、利用者さんが帰ってから作業に携わる職員が集まったので、意見交換をすることに。その中でビーズが「みんな誰でも参加できていることが、すごくいい」との話を。今までも色々なことを取り組んできたみたいだけど、どうしてもそこに「能力差」と言うものが出てきてしまい、その能力差が埋められるものならまだしも、理解力の差によってどうしても埋められないものがあったのが今まで。ところが今回ビーズを自分が持ち込んだことで、能力差を問わずに誰でも参加でき、また今までどちらかと言うと埋もれていた利用者さんの掘り起こしをできるようになったことが最大の良点とのこと。

正直自分の中でも「ビーズ」は少しあたためていたもので、たまたまここでめぐり合わせが来た感じ。
今までの施設だと安全の問題や利益の問題とかでなかなかうまくいかない部分があったけど、今回は採算に関しては多少目をつぶるとの話もあり、「販売するもの」としてだけでなく「創作活動」と言う点でもうまく働いている感じ。本来ならちゃんと「売れた」と言う結果が出て初めて評価をするものであると思いますが、今の時点で既に今回の目的は達成できたのかな、と思います。

「作業場」と言っていますが、別にここは作業所じゃありません。
位置づけとしては「地域活動支援センター」の提供メニューの1つである「軽作業の場」として開いているのであり、厳密に収益を目的にしてるところではありません。ただ、売る以上は「利益」も求めるわけですが、利益以上に「地域活動支援センター」としての役割を果たせれば、こういう形でもいいのかなぁ・・・と感じています。軽作業もそうだけど創作活動の場ととらえれば、新たな「活動」の1つになるのかな、と思います。

« 思いが伝わらない | トップページ | コネタマ;5月病 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/48420408

この記事へのトラックバック一覧です: まだ結果は出てないけど:

« 思いが伝わらない | トップページ | コネタマ;5月病 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ