2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« コネタマ;自分を雇うなら | トップページ | まだ結果は出てないけど »

2010.05.20

思いが伝わらない

今日は木曜日、放課後対策の日。
もちろん午後はほとんど仕事にならないので、バルーンの練習。で、子どもも思ったより早く来たので、事務所で仕事をしながら放課後対策のほうも見ることに。

まぁ今日は比較的楽でした。なので、なかなかできない「テーマを持った行動」もしてみました。
その1つが、子どもに「思い」を伝えること。

というのは、1人の子どもが1つのおもちゃに執着することに。
ただ自分も他の子のためにも・・・と思い「ちょっといい?」と聞くことに。ところがその子は「待って」「待って」と繰り返し、譲ろうとはしない姿勢。そういえばご両親からも「対友達の関係を」と言うこともあったので、そのことを念頭にして、その子を呼びとめ話をすることに。

ただ、なかなか手放したくないのか、話を聞いてくれない状態。
かといって強制的に叱るような体制でもないので、呼び止めるように何度も声をかけるものの、自分から逃げてしまっている状態。自分にとってプラスの時には近くに呼び置き、マイナスになるときは逃げる状態。これでは話になりません。

結局その子がおもちゃを手放したときに、自分が預かることに。
いや、おもちゃと言うよりも「空気入れ」を預かることに。空気入れを占領されてしまっては、他の子も遊べませんので、自分が完全に管理することに。

先週だと自分は別の子に付きっ切りの体制だったのでこんなことはできなかったけど、今日はちょっと挑戦。
そしてその子には「他のこと一緒に使う」ということを伝えたかったけど、結局そのことは伝えることができないまま終わることに。何度か自分のところに寄ってくることがあっても、いざ肝心のところになると逃げてしまう状態。きっと自分でもわかっているのだと思うのですが、その子なりに受け止められない状態があるのでしょう。「話を聞けるようになったら来てね」と言って、そうやって自分のところに来るのですが、話になると近くのおもちゃに関心がいってしまうことに。もっとも、この環境の中で話すと言うことが無謀なのかもしれませんが、かといって場面を切り替えられる余裕があるのか・・・というと、そこまでのキャパシティはない状態。限られた場所・空間でしかできないため、場面切り替えの難しいところでもあり、その中で切り替えと言うのは子どもも難しいのかもしれません。

いや、自分も携わる以上「ボランティア」ではないので、真剣に向きたいと思います。

« コネタマ;自分を雇うなら | トップページ | まだ結果は出てないけど »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/48412258

この記事へのトラックバック一覧です: 思いが伝わらない:

« コネタマ;自分を雇うなら | トップページ | まだ結果は出てないけど »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ