2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 現実逃避 | トップページ | コネタマ;寝たら、イジワル »

2010.04.06

お休みだけど、お仕事

今日はいきなり有休を使ってお休み。
できることならあまり使いたくないのですが、仕方なく使うことにしました。まぁ何に使ったのかはここで話すのは避けておこうかな・・・と思います。色々と考えがありますので。

ただ、お休みにもかかわらずお仕事をしていました。それも外回り。
所要のあと、そのままの足でハローワークへ。継続支援のケースについて、一度ハローワークに行って情報の共有化が必要だなと思い、ハローワークの障害窓口に行ってきました。少し前までは自分が障害の窓口で就職の相談をしてもらっていましたが、今回は立場が逆転し「相談機関」の職員としての訪問。

話したのは1時間程度。
内容は今後の支援の方向についてで、とりあえずはうちの施設で持っている情報について提供。その後現在の就労の状況などをハローワークの方から聞き、今後どのような方向性で行っていくのか、現状の課題などについて意見交換をすることに。

就労支援と言うことで、自分としても取り組むのは初めてのケース。
ただ、正直なところ意外と難しいケースなのかな・・・とハローワークの方と話をしながら思いました。障害が軽ければスムーズに行きがちと思う就労支援、でも実際は障害の程度が軽いほうが難しいのかなと思いました。と言うのは、障害の程度が軽ければ他の制度などでの受け皿が少なく、結果的に制度のハザマに落ちてしまっている感じがあります。ある程度の障害があれば多少給料が少なくても障害年金で所得保障がされますが、障害が軽ければ障害年金の対象から外れ、なおかつ収入のある仕事にも就きにくいという現実があります。さらに障害の種類によっては求人数が少ないものもあり、その部分も現実的に難しい部分があります。

今回の訪問で確認したのは、専門的な援助をしていくということ。
安易に一般の窓口で応募してしまって、企業側に配慮を求められない状態では結果的に不適合になってしまう可能性も感じたため、窓口を一本化しての援助が必要かな、と判断。もちろんその判断には自分が障害の窓口で支援を受けていた経験や、完全に単独で企業側との交渉が難しい部分があるとの判断で一致する結果に。難しいとは思っていましたが、実際は自分が思っている以上に障害者雇用の現場は厳しい状況にあることを知り、長期的に構えていく姿勢が必要だな・・・と痛感しました。

« 現実逃避 | トップページ | コネタマ;寝たら、イジワル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/48016973

この記事へのトラックバック一覧です: お休みだけど、お仕事:

« 現実逃避 | トップページ | コネタマ;寝たら、イジワル »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ