2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« コネタマ;寝たら、イジワル | トップページ | 医療の中身 »

2010.04.08

手探りで見つけるしか・・・

4月になり、電話がひっきりなしにかかってきます。
そんな中、自分も試行錯誤しながら様式を作ったりパイロット版を作ったりと・・・

で、今日は以前書いた無認可の放課後預かりをすることに。
それにしても、ホントに誰も経験者がいなくて・・・というか、そんな状況になるならもっと前々から引継ぎをやってよ、って感じだけどいまさらそんなことを言ってもしょうがないので、何とか対応することに。

今日の子どもは、全部で4人。
最初は3人だけかな・・・と思いきや、後から1人遅くやってきて、他の人がその子を対応。と言ってもその人も始めての人。初めて同士、どのようにすれば・・・と思いながらの対応。

自分は室内で2人の子を見ることに。こちらは比較的スムーズに。
すると他の子から「○○ちゃんが泣いているよ」とのこと。状況を見ないことには対応できないため、その場は他の人に任せて、自分がその子のところに行くと、どうやら何かにこだわっている様子。ただ、そのこだわりはちょっと許容できなく、そのこだわりを許せば安全上問題があると思い、とりあえずはその子を落ち着かせることに。もちろん相手は子どもだから力ずくに持って行こうと思えばできないことないけど、それをやっても決していい方向には行かないことを知っているため、そこはまず体制を立て直して、その子を抱え込んであげて落ち着かせることに。

と、その時他の子の保護者の方が見えられたため、その対応に。
するとこだわりを持っていた子、再び泣き出し制止を振り切って再びこだわることに。また自分がそこに駆けつけ、今度は若干距離を離して、自分のひざの上に座らせて再び落ち着けることに。そこにその子の保護者の方が見えられ落ち着くかな・・・と思いきや、よりいっそうこだわることに。

いやぁ、ほとんど情報のない中で対応することの難しさを感じます。
自分なりに事前情報で得られるものは見てきましたが・・・やっぱり情報不足を感じます。正直なところ、こっちのほうも少してこ入れをしたいのですが、なかなか時間が作れないのが実際のところ。自分にとってせめてもの救いは、ボラで同じような経験をしていること。今日の対応も結局はその経験から自分が実践してみたもの。誰もわからない中でやっていくことの難しさを痛感します。本当に、手探り状態です。

« コネタマ;寝たら、イジワル | トップページ | 医療の中身 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/48033874

この記事へのトラックバック一覧です: 手探りで見つけるしか・・・:

« コネタマ;寝たら、イジワル | トップページ | 医療の中身 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ