2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 大人げない?part2 | トップページ | ようやく、ひと段落 »

2010.02.22

コネタマ;行けたら、本当に行く

何を書こうか考えたけど・・・何となくネタに逃げてしまいました。

「行けたら行く」・・・本当に文字どおりです。
行けたら行くし、行けなかったら行かない、それだけのこと。でも「行けたら」でちょっと仕事でトラブルになったことも。

仕事で・・・と言っても、内々のこと。
こっちのblogにも書いたことがあるけど、忌まわしき特養で働いていたときのこと。上司から「行けたらショートの送迎に一緒に行って」と言われ「わかりました」と返事。しかし実際には医療対応の利用者さんがおり、その利用者さんの入院手続きなどをしたため、ショートの送迎に行けない状態。ただ、一旦戻って必要なものとかサマリーをもらってくる必要があったので、一旦病院から施設に戻り、再準備をして再び病院に行くことに。

そして入院の手続きが終わってご親族の方と会って確認をしたのち、施設に戻ることに。
しかし施設で待っていたのは、おかんむりの上司。「何でいなかったの?」って、そりゃ自分も入院の対応があって行ける状態じゃないから「行けなかった」だけのことであって・・・

まぁ自分の誤解を生む行動を取ったことも原因の一つでありますが・・・
でも自分としては本当に言葉通りに「行けたら行って」の通り、「行けなかったから、行かなかった」だけのこと。っていうか、その日は色々とバタバタあって、手が回らないほどの状態。そんな中で自分が責められても・・・ものすごく納得がいかないけど、そこでグダグダ言うのも見苦しいと思ったので「ハイ」と返事をしていただけだったけど。
でも・・・今でも不条理だと思っていること。

そんなこともあったから、結局特養では長続きしなかった。
じゃ今のところがあっているのか・・・と言われればわからないけど、少なくとも「1ヶ月」の経つスピードの早さだけを考えれば、特養の時はものすごく1ヶ月が長く感じたのに対し、今の職場が1ヶ月があっという間。もう2カ月が経とうとしているというくらいで、仕事の充実度という点でいえば今の職場の方が本当に充実していることは明らか。うーん、転職が良かったのか、はたまた・・・

って、なんかテーマとは全然それちゃったなぁ・・・内容が。(^^ゞ

ブログネタ: あなたにとって「行けたら行く」は何%?参加数拍手

« 大人げない?part2 | トップページ | ようやく、ひと段落 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/47638913

この記事へのトラックバック一覧です: コネタマ;行けたら、本当に行く:

« 大人げない?part2 | トップページ | ようやく、ひと段落 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ