2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 新たな資格? | トップページ | あっという間 »

2010.02.27

コネタマ;睡眠時間

休みかどうかによって変わりますが、基本的には7時間程度でしょうか。
まぁ7時間取れるようになった・・・というか、余裕で取れるようになった背景には、今の勤務体制もあるかもしれません。

今の職場の勤務体制は9時45分から6時15分まで。
日曜日は少し早まって9時から5時半。この余裕ある勤務時間が、余裕のある睡眠時間を作っているかもしれません。

今までの仕事は大体が8時半から。中には実質8時や7時半なんてこともありました。
そうなれば必然的に起きる時間も早くなり、夜はblogを書いている自分にとっては夜の時間を押しこんでもパソコンをしている状態でした。そのため、普通に睡眠をとれば約6時間、頑張って7時間の睡眠を確保していました。

しかし今の職場になってからは、7時間の睡眠時間は余裕で取れることに。
疲れたな・・・と思って早めに寝れば8時間睡眠も十分に可能。もちろん今まで6時間と言う日が多かったから6時間睡眠でも何とかなるのですが、新しい職場になったことで7時間睡眠を余裕で取れるようになりました。

例えば、普通の日でも寝る時間が夜中の12時半になっても、起きる時間は7時45分。
これだけで7時間ちょっとの睡眠時間が取れるので、いつもの睡眠としてはまずまずのところ。疲れていてもっと休みたいとなれば、パソコンを早めに終えて12時前に寝てしまえば8時間の睡眠もしっかりとることができます。逆に余裕があれば1時まで起きていても7時間弱の睡眠なので決して無理のない状態。まぁ日曜日が休めずに「3勤1休2勤1休」の形になってよかったのかどうかはわかりませんが、睡眠と言う部分では随分と楽になったのかもしれません。

ただし、相変わらず休みの日は寝休日。
8時間睡眠をとっても、2度寝や午睡などを含めると14時間ぐらいも寝ている状態。母親からは「よくそんなに寝れるね」と言われるけど・・・もちろん疲れもあるけど、やっぱりこれだけ寝れちゃうのはお薬の影響もあるのかな?
いや、別に何か用事があれば起きていることも全然できるんですけどね・・・やることとか行くところがなければ寝るしかないので、ただそれだけのことなんですけどね(^^ゞ


ブログネタ: あなたの平日の睡眠時間は?参加数拍手

« 新たな資格? | トップページ | あっという間 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/47679616

この記事へのトラックバック一覧です: コネタマ;睡眠時間:

« 新たな資格? | トップページ | あっという間 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ