2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 初任者研修初日 | トップページ | コネタマ;落書き;アピール »

2010.01.14

研修2日目

眠い目をこすりながら、研修2日目。
午前中は障害者自立支援法について。自分の中ではこのblogでも取り上げたこともあり、かなり勉強している方。中身も大体はわかっていることだけど、一応真摯な態度で聴講。と言っても、ついこの間「自立支援法廃止」となったばっかり。その中でこの講義をやるのは果たして・・・もちろん講師となった都の人も「現状に即していないが・・・」と前置きをしたうえでの講義。そりゃ、この計画をした段階では自立支援法が廃止になることはわからなかったのだから無理はないけど・・・でもねぇ、うん。

午後はまた当事者講義。講義とロールプレイの2本立て。
講義に関しては完全にオネム状態。講義資料を床に落としてしまうくらいの眠さ。どうも「淡々」と話されることに関しては自分の耳は向かないみたいです。その間、特にメモをすることもなし。

ただ、ロールプレイには集中できましたね。
やっぱり抑揚のある内容、変化のある内容に関してはかなり自分の集中はしているみたいです。自立生活支援のことについて実際の事例を挙げながらのロールプレイには説得力がありましたね。ここにはその詳細は書きませんが、3つあった事例のうちの1つは本当にドラマみたいな内容で、ぜひともこの事例は本当にドラマ化すればかなりの反響があることは間違えないと思うくらいの内容。重複障害を持った人が自分の意思で施設から地域生活に移行するために立ちはばかる壁を乗り越えて自立生活を勝ち取る内容は、本当にすさまじいものです。

とりあえず、今週の講義はこれで終わり。
次の講義は来週の水曜・木曜。来週はケアマネジメントについてと当事者が語る生活ニーズについて。ケアマネジメントについては今日の講義でも出た内容。「はぁ、ケアマネジメントかぁ・・・」と思いながら、頭の中では思い描かれていない状態。実際に事例を当てはめればなんとなくイメージはつかめてくるのだと思うけど・・・まぁ障害者ケアマネジメント研修と同類の内容だから、ちゃんと理解しないことには進められないので、ゆっくりと理解することにします。

まずは今週は終わり。明日はゆっくりと休もーとcatface

« 初任者研修初日 | トップページ | コネタマ;落書き;アピール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/47295468

この記事へのトラックバック一覧です: 研修2日目:

« 初任者研修初日 | トップページ | コネタマ;落書き;アピール »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ