2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 自らをさらけ出して | トップページ | 研修3日目 »

2010.01.19

みんな悩みは同じ

今日は初めての日直。
日直の仕事は、日誌とケース記録の転記。ケースを見ても名前と顔の一致する人がいれば、全然見当もつかない人もおり、フルネームすら全然わからない状態なので記録をつけるのにも一苦労。記録の転記だけで1時間以上もかかってしまいました。

まぁ単純に記録していただけでなく、個人ファイルを読みながらだったので、時間がかかるのは当然ですが。
でも今日記録をつけた人のケースファイルを読むと、登録している人1人1人が大変なんだなぁ・・・と改めて実感します。

何度か書いているように、今まで自分がいたのは知的障害の分野。
今回の職場は3障対応だけど、中心となるのは精神障害。そんな職場にいる自分も、広い範囲では精神障害の領域にいる人間。そんな自分と利用者さんを重ね合わることも。

ケースファイルを読むと、多くの人の障害名は統合失調症。
しかし中にはうつや抑うつや、そして自分と同じパニック障害の方もいました。パニック障害の人の場合は特に、自分と共感する部分が多かったです。そして読みながら思ったことは、みんな悩んで辛いということ。

精神障害のほとんどの人は、元々何の障害もなかった人。
ただ、ある出来事がきっかけでバランスを崩してしまい、そのまま精神症状を呈して障害になってしまったというのが精神障害。だから精神障害のほとんどがいわゆる「中途障害」ということになるのかもしれません。そんな自分も過大なストレスからバランスを崩してしまい、実はそのことはパニック障害だった、という中途障害者の1人。
そんな人が「居場所」を求めるために、ここに来ています。

昨日も少し書いたけど、自分は当事者だけど当事者じゃない立場。
でも気持ちは少しくらいはわかる。今日のケースファイルに目を通しただけでも読みながら「うん、辛いよね」とつぶやきながら記録。もちろん利用者さんと接する時はそんなことを前提に接するわけでもなく、1人の人として、1人の存在として何事もなく接する。で、時には自分のことをさらけ出して、それがきっかけで話をしてくれれば、それはそれでいいこと。少しでも一緒に、同じ悩みを共有しながら社会で生活をしていくことのサポートができれば・・・と改めて思いました。

« 自らをさらけ出して | トップページ | 研修3日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/47339424

この記事へのトラックバック一覧です: みんな悩みは同じ:

« 自らをさらけ出して | トップページ | 研修3日目 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ