2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« ホントに大丈夫? | トップページ | 離れることに少し »

2009.09.15

大丈夫かよ・・・

昨日の「大丈夫?」は無事手紙も来て、10月からの新スタートに向けてなんとか。

一方、9月いっぱいで去っていくこっちは、別の意味で「大丈夫?」と言ったところ。

今日は宿泊のことに関して観光バス会社に実車確認とご挨拶。
両方ともメインだったけど、やっぱり引き継ぎのご挨拶の方が自分にとってはメインかな?自分以外に2人実車を見に行き、1人は実務的に、もう1人は引き継ぎのために一緒に行くことに。自分は行かないけど、挨拶があるからそれを済ませるのと、実車の確認&報告のための資料集め。予定では引き継ぐ人が車内や状況を記録を取るべきだったけど、ちょっと心配だったため、途中からは自分もデジカメを出して状態を撮影することに。

そして帰り道。

Mitake今日はありがとうございました。
引き継ぎ者えーと、名刺をもらった人が担当者だよね。
実務者えぇ、そうですね。
で、説明をした人が、担当者?
いやいや、説明をしたのは部下の人ですよ。
あれ?あのひと、担当者じゃなかったでしたっけ?
違いますよ。あの人は、部下。
あの人(部下)から、名刺貰わなかったっけ?
貰ってないですよ。あの人は部下ですよ。
あれ、そうだったっけ・・・

えーと・・・去る者ですが・・・メチャクチャ不安です。
何度となく確認をしたのですが、今さっきのことをいきなり取り違えている状態。さらに自分がいない日にバスのことを説明してもらうんだけど・・・いやぁ、今日の状況理解しているか、不安。もちろん明日も自分は事務に入って今日の実車確認のまとめを作るけど、なんか思いこみで動いてしまいそうでかなり不安。もう1人一緒に行ってもらったのはそのブレーキをかけるためと、複数で確認した方が確実との考えでやったけど・・・ホント、複数で確認に行ってよかったです。引き継いでもらう人には不安だけど、一緒に行ってもらった人は安心しているので、いざとなった時は動いてもらえる人に一緒に行ってもらった方が「去る者」としては、盤石の態勢を整えてからお役御免をしようよ思っているので、変な方向に行かないかだけが心配です。

昨日も「大丈夫か?」と思いましたが、今日も「大丈夫か?」と言った状態。
いやぁ、実質自分が事務をできるのは明日と明後日だけでおり・・・非常に不安です。

« ホントに大丈夫? | トップページ | 離れることに少し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/46221965

この記事へのトラックバック一覧です: 大丈夫かよ・・・:

« ホントに大丈夫? | トップページ | 離れることに少し »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ