2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 計画クラッシャー | トップページ | もうすぐ帰るけど »

2009.08.19

どうして疲れたのかな?

個人的に色々と不満を持ちながらも、実踏に行ってきました。
一緒に行ったのは、サー管。自分が一緒に行くことに対して「渋い顔」をしているのは周囲は承知の上で「仕方ないから・・・」となだめられるように実踏へ。玄関を出ていく時には、やっぱり浮かない表情を事務に見せ、いざ出発。

と言っても、運転したのはサー管。
ちなみにこの時点で行ってしまうと、サー管が今日やったことは「運転」と「写真撮影」だけ。残りは・・・自分が行うことに。本来行うべき人がやらず、それをやっているのが自分。そのことは周囲も重々承知の上で・・・とのことだけど、なんか自分だけジョーカーを引かされた感じ。サー管は運転でルンルン気分、話も多弁で「そんなことを俺の前で話していいのか?」というくらいの軽口。もちろん自分はそう簡単に口を割らず、車の中で色々と事情を聞かれても「さぁ、どうなんでしょう?」とはぐらかす自分。まぁサー管が機嫌よく動いてくれるから、とりあえずはそれだけもいいかな・・・邪魔はされなかったし。

なので、すべてのことは「写真」で流したいと思います・・・(^_^;)

最初は鉄道博物館、前回行ったときに比べて空いていました。夏休みなのに、ちょっと意外でした。
F1010077

今日はセンターサークルで展示イベント。警笛を鳴らすなど、今までは「止まった状態」しか見ていなかったので「あ、土台動くんだ」と感心しながら見ていました。

そして、サンシャインシティの展望台。
Img_0047

実はサンシャインの展望台に上るのは今日が2回目。
普段なら有料だけど、今回は「下見」ということでタダ。この後水族館も下見をしてきましたが、水族館はとてもじゃないけど見るのは困難。バリアフリー的にNG判断。おまけに・・・移動に関してもかなり人ごみの中を行く状態が強いられるため、利用者さんを連れて歩くのはやや危険。っていうか、あまりにも危なすぎるし、強行策すぎる。なので実踏報告としては、鉄道博物館をゆっくり見るという形の報告を出したいと思います。もちろん、作成は自宅で。だって・・・明日・明後日とお仕事は休むから・・・(^^ゞ

ちなみに明日は・・・やっぱり、明日のお楽しみにしておきましょう。

« 計画クラッシャー | トップページ | もうすぐ帰るけど »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/45975027

この記事へのトラックバック一覧です: どうして疲れたのかな?:

« 計画クラッシャー | トップページ | もうすぐ帰るけど »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ