2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 午前様 | トップページ | 七夕 »

2009.07.06

コネタマ;雨男・雨女

今週も始まり。まだ疲れが抜けきられないためか、かなりお疲れ&オネム。
会う人会う人から「体調悪そうだけど、大丈夫?」なんて声が・・・いや、単純に眠たいだけですから・・・(^^ゞ

それにしても、相変わらずサー管は・・・って感じです。
今日は本部からの呼び出しだったから仕方ないけど、明日休むだと?何しに今日行ったんだ?それも直帰で・・・呆れてものも言えない。

そんな感じなので、週初めに珍しく「コネタマ」でいきたいと思います。
基本的に自分は「雨男」だと思います。社会人になるまではあんまりそんなことを意識したことはなかったのですが、社会人になりこの世界で仕事をするようになってから「雨男」というのを強く意識することになりました。

そのきっかけが、まず自分が初めて行事担当になって立案した行事が、雨で中止。
せっかく色々と叩かれて立案した行事が、雨でパァ。その時の気持ちは「あぁ、よかった」と思いながらも、今更ながら「あれは雨男の始まりだったんだな」と感じることに。

で、自分が企画をして初めての宿泊行事、神戸・大阪の旅。
ところが2日目の大阪・USJは・・・大雨。おまけに利用者さんは途中で急変し、雨の中車椅子を借りに行って、さらに雨除けのためのポンチョも購入。結局ホテルにはずぶ濡れで帰ることに。

そして究極の締めくくりは、一昨年の宿泊行事、福島の旅
何しろ予定していた日に「台風」が直撃。これから台風がやってくるという中に、わざわざ飛び込むような馬鹿はしないのが当然。あとにも先にも、宿泊の行事が台風で延期になったというのは、自分が担当したこの行事だけ。
ちなみに、一緒に担当した女性の職員さんも「雨女」とのこと。「雨男」と「雨女」の最強タッグが、台風を呼んでしまったわけで・・・

結論、「雨男」「雨女」はいると思います。
裏付けは、行事の日に台風直撃。あ、そうそう、5月の最初の行事も、雨で行き先が変更になったっけ・・・この時は自分が担当じゃなかったけど・・・でも雨に降られてしまったから、やっぱり「雨男」かな。

そんな人間が担当している、今年の宿泊行事。雨にならなければいいのですが・・・
というか、それ以前に果たして行うことができるのかすらわからない状態。今は完全に「待ち」の状態です。


コネタマ参加中: “雨男”“雨女”って本当にいると思う?

« 午前様 | トップページ | 七夕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/45559792

この記事へのトラックバック一覧です: コネタマ;雨男・雨女:

« 午前様 | トップページ | 七夕 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ