2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« コネタマ;落書き;パイがぶつかった瞬間 | トップページ | 勉強不足 »

2009.07.11

体は正直

本日、定期通院日。
いつもと変わらず診察時間はそんなに長くかかりませんでしたが、久しぶりに色々あった1ヶ月でした。

色々あったというのは、体調的なこと。
ここ数カ月・・・いや、ここ数年は比較的落ち着いており、発作ぽい症状も少なく抑えられていました。ところが今月は発作に至らないまでも、自分の中でいう「大発作」が起きそうになったことが多々あったこと。元々解剖系の話は苦手だけど、それを承知でこの仕事に。でも何故か今月は危ない場面が4度ほどありました。ここ最近では1ヶ月に1回あるかないかぐらい。発作っぽい症状も2・3ヵ月に1回ぐらいとかなり落ち着いていたのですが、今月は1ヶ月のうちに4回、はっきり言って「多発」です。

先生からは「疲れが取れない部分と、体調の波があるからあまり気にせずに行きましょう」とのこと。
うーん、たしかに今月はある意味ストレスの多い1ヶ月。だから「ストレス」と言えば説明がつくのかもしれませんが、それにしても久しぶりに多発の状態に、若干気持ちは萎えている状態です。また1ヶ月間、何事もなく過ごせればよいのですが・・・

で、今日は通院後に代々木まで。
午前に自分の通院をしたあとは、午後からは母親の通院に同行。母親の腕にできた静脈瘤を除去する手術があったため、一緒に行くことに。しかし病院について母親が手術に入ると、自分は待合室でコクリ。ちゃんと時間つぶしをするための本も持ってきていたのにもかかわらず、だんだんと眠くなり、コックリコックリ。自分でも椅子から落ちそうになることを分かって姿勢を正しながらやっぱりコックリ。そういえば先週はバザーの手伝いに行って若干疲れていたけど、その疲れを1週間引きずってしまった状態。手術終了20分ぐらい前に目覚め始め、手術が終わると母親から呼び出され、手術待合室へ。そこで説明を受け、その後は母親を介助しながら帰宅の途へ。

その後自宅に帰ってもベッドでおやすみ。
結構疲れているみたいで、夕食まで爆睡。本当に体が疲れているんだなぁ・・・と感じた1日です。さて、明日はちゃんと行動できるかな?

« コネタマ;落書き;パイがぶつかった瞬間 | トップページ | 勉強不足 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/45602157

この記事へのトラックバック一覧です: 体は正直:

« コネタマ;落書き;パイがぶつかった瞬間 | トップページ | 勉強不足 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ