2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 現実は厳しい | トップページ | デスクワーク中心なのに・・・ »

2009.06.09

訳のわからない余裕

昨日は所用だったため、今日からが今週の始まり。
で、実は先週の時点で火曜日のシフトが決まっていなかったのでどうなるのかな・・・と思って出勤すると、比較的対応しやすい利用者さんだったので、ほっと一安心。

午後の作業も、淡々と落ち着いて作業。
自分の担当以外の利用者さんもいたけど、自分がフォローする余裕も。自分が1対3対応に対し、もう1人の利用者さんは1対1のマンツー対応。まぁ「のんびり」というスタンスもあったので、特に何かに追われることもなく・・・といったところ。

うーん、でも何故か判らないけど、ここ最近は何となく「余裕」の出てきた状態。
もちろん利用者さんのことに関してはまだまだ理解が足りない部分はあると思うけど、今日なんかも冷静に行っていた状態。環境が整っていた、ということもあるかもしれないけど、自分の指示を理解して作業をしていただいているため、利用者さんがパニックになったり取り乱したりすることもなく終えることに。状況によっては自分が他の人のフォローに入ってみたりすることも。

でも先月・今月と本当に「楽」なシフトです。
いや、別に楽をしているというわけではないのですが、シフトを見て何となく精神的な余裕を感じるんですよね。特に明日なんかは「フリー」として入っており、今日の話では「明日は事務に・・・」とのこと。別に事務作業じゃなくても構わないけど、ここにきて初めての1日事務になりそうな感じ。まぁ「事務」といっても、やることは決まっていますが・・・まぁその辺はまた明日のネタということで。


それにしても・・・今日の帰りの添乗は怖かったなぁ。
利用者さんを送迎車に連れていくと、ステップが黒光りしている状態。「ステップにワックスを塗った」とのこと。

オイオイ・・・ワックスだらけで、転んじゃうよ。ってか・・・あまりにも危険。
自分ですら降りるのは怖いくらい。そのため、今日の送りは「気をつけてね」と声掛けをしつつ、手をとって下車。幸い誰も転倒することなく済み、施設に帰ってからの報告でサー管がワックスを除去したとのことだけど・・・ちょっと、落ち着いて考えようよ、ねぇ・・・(やっぱり「シルバー」だから無理なのかな・・・)

« 現実は厳しい | トップページ | デスクワーク中心なのに・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/45290590

この記事へのトラックバック一覧です: 訳のわからない余裕:

« 現実は厳しい | トップページ | デスクワーク中心なのに・・・ »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ