2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 未だに | トップページ | コネタマ;初任給の思い出 »

2009.05.04

こどもまつりだからねぇ

ようやく落ち着きました。
お祭りの2日目の当番、終わりました。昨日の時点で所場代はクリアしていたので、今日はまぁまぁの売れ行きです。利用者さんと保護者の方が来る・・・なんてことも言われていましたが、思ったよりも少なかったです。まぁ今日のメンバーが今年から入った「ルーキーズ」だったので、それで来なかったのかな、といったところでしょうか。それでも親御さんからは色々と差し入れを頂き、ありがたいことです、まだ半年もたっていない自分たちに気を使っていただき、ホントに恐縮です。

ところで今日の行事は子どもを中心としたイベント。
全部で3日間あり、今日は中日の2日目。うちの施設も3月の中旬に出店希望をだし、4月の頭に当選通知が来て、説明会に出席。そして職員が3日間の当番を振り分けていくことに。

ただ実際に参加してみると「こんなものかなぁ・・・」といった感じ。
今回うちのブースで出したのは、紙すきなどの紙工品と織物、陶芸の3本柱。でも昨日の時点で人気のある紙工品は売れてしまい、あとをどうする・・・といったところ。陶芸もB級品のほうが売れて、なかなかいい値段のお皿ははけない状態。

そこで、売り方を変えて「キャンドル」で引っ張ることに。
このほかにも「余りもの」と言ってはなんだけどキャンドルがあり、キャンドルは20円で販売。そこでキャンドルで子どもを引きつけて、それにまぎれて陶芸を売る作戦に。多少の効果があったのか、キャンドルを買いつつも陶芸を見てもらえ、中にはそのままお買い上げしていただく方も。

そんな感じで、今日は2万円の売り上げ。ほぼ陶芸品だったけど、がんばりました。
あ、もちろん激甘な自分もありましたよ。予算の少ない子どもさんに、値引きをしてさらにキャンドルもおまけであげましたし。やっぱり「こどもまつり」なんだから、もう少しターゲットを考えて売らなくちゃだめですよね。こどもに陶芸品は・・・ねぇ。
そんなことなら、うちの施設だけじゃなくて法人として色々と売ればいいのに・・・と他の職員さんとぶつぶつ言っていました。

さぁ、明日はゆっくり休むぞ。あ、お時間のある方、ぜひ「多摩センター」まで足を運んでいただくと光栄です(^_^;)

« 未だに | トップページ | コネタマ;初任給の思い出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/44900574

この記事へのトラックバック一覧です: こどもまつりだからねぇ:

« 未だに | トップページ | コネタマ;初任給の思い出 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ