2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« こどもまつりだからねぇ | トップページ | 肉をくれ! »

2009.05.05

コネタマ;初任給の思い出

初任給・・・今から5年前のことですね。5年前のblogにしっかりと書いてありました。

とにかく覚えているのは、お金のありがたさを感じたこと。
今までは何気なくお金を使っていたけど、自分で汗を流して働いたお金というのはものすごい重みがありましたね。昔は銀行振り込みなんてできていなかったから直接もらった、という話を聞きますが、今はほとんどのところで銀行振り込み。1月から働いている今の職場も銀行振り込み。

でも最初に働いたこの施設は違いました。現金直接給付。
まぁ施設そのものが大きくなく、施設で働いているのも10人程度なので銀行振り込みにかかわる手数料を考えれば直接給付のほうが安上がり、とのことで支給されました。

もちろん、給料が直接給付なら、ボーナスも直接給付。
ボーナスのときも・・・顔は緩みっぱなしでした。そりゃそうです、30万円近く現金で貰うのですから・・・

今は銀行振り込みで、通帳やケータイから振り込まれたのを確認していますが、現金でお給料を貰うということはやはり「お金の重み」というのもをずっしりと感じましたね。紙切れ1枚の給与明細より、給料明細とともに現金が渡される・・・自分が1カ月働いたことをリアルに感じることができ、お金って大切なんだ、ということを身をもって実感したのが、自分の初任給でした。現金で貰っていたときは必ずその日にお金の使い道を考えて振り分けていました。家に入れる分、貯金する分、銀行から引き落とされる分、そのほかの貯蓄分、自分のためのお小遣い・・・など、今以上にお金を計画的に使うことを考えていましたね。

そんな自分も今は・・・ズボラ勘定。
でもちゃんと貯金と家への収入は忘れず行っています。パートで働いていたときは自分のことで精いっぱいでしたが、常勤として復帰した今では、決して自分の生活は楽ではありませんが、一人暮らしをすることに比べれば全然楽な生活。なので家庭にお金を入れるのも当然のこと。三十路に入ったので、そろそろ将来のことも考えながら計画的にお金を貯めて、そして使わなきゃいけませんね。


コネタマ参加中: 初任給にまつわる思い出を語ってください!

« こどもまつりだからねぇ | トップページ | 肉をくれ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/44911045

この記事へのトラックバック一覧です: コネタマ;初任給の思い出:

« こどもまつりだからねぇ | トップページ | 肉をくれ! »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ