2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 本当なのかぁ? | トップページ | 久しぶりのジムワーク »

2009.04.19

コネタマ;TOUCHING WORD

大切な言葉・・・うーん、何でしょう?
自分の中で常に忘れないように、心にとどめている言葉は「初心忘るべからず」ですね。ちょうど、中学の時の対面式での校長先生の言葉。

ここでも1度書いたことがあるけど、中学校の時の入学式は「大人の事情」で欠席。
なので中学校の最初の行事はこの対面式にあったわけで、自分の中学生活の最初の出来事。もちろん入学式を休んでいるため、周りの人は知らない人だらけ。度緊張で迎えたわけだけど、なぜかその時の校長先生が言ったこの言葉は、ものすごく自分の中にスムーズに受け入れられました。

たぶんこのときが「言葉の重み」と言うのを初めて知った気がします。
小学校の時なんかは全然そんなことを思ったり感じたりしませんでしたが、ちょうどその時は普通の中学生に比べるとかなり忙しい時期であり、普通の中学生では体験できないことをものすごくしていた時期でした。だからこそ、そんな言葉が自分の中にすっ、と入ってきたのかもしれません。

もちろんこの言葉は今も忘れていません。
特に新しい仕事を始める時は、いつもこの言葉を思い出しています。1月に入職した今の職場も「初心忘るべからず」の精神で、常に初心者の気持ちで挑んでいます。(でも実際はそんなことは許してもらえず、もう1人前としてやらざるを得ない状態になっていますけどね。)


もう1つ、大切な言葉と言えば・・・あの言葉しかありません。
自分が当時「てんかん」と診断されて非常に落ち込んでいるときに、やはりこれも「すっ」と入ってきた言葉・・・体験してはじめて身につくんだなあ
今では完全に心の詩となっている、相田みつをさんの作品。当時パワーが非常に落ちていた自分にとって、この言葉に出会えたことは本当に今後の自分にとってはとても大きな意味をもっていました。その時の気持ちについて、自分はこんなことを書いていました。

今まで散々「障害の受容」と言うことを言ってきた自分が、いざ自分のことになると受容できていなかった現実。いかに自分が絵空事のように「受容」と言う言葉を使ってきたかと言うことを思い知らされました。

もちろん自分の中に「受容できている自分」と「受容できていない自分」がいたのは事実。
「福祉援助者としての自分」はてんかんのことも知っているし、そんなに大きな病気ではないことを理解しているから「社会福祉士」としての自分は障害に対して受容はできていた。でも「1人の個人としての自分」は「てんかん」と言う言葉を聞いてショックを受け、何もかもを失ってしまったかのように錯乱し、そして深いうつ状態に陥っていた。
そこには、「受容」と「拒否」の「二人の自分」が存在していた。
「コトバ★てんかん」より)


相田みつをの「体験してはじめて身につくんだなあ」は、まさに「障害の受容」に関して、自分に教えられている気持ちになった。今まで何の障害もなく生活してきて、障害を持つ人に対しての支援を職としてきた自分。しかし、いざ自分が「病気」と言う障害を持ったときに、それをなかなか受け入れることのできない自分がいた。口では「受容」と言う言葉をかかげながらも、いざ自分に対しては受容が受け入れられていなかった現実。そしてようやく前向きになろうとしていた時に目にした、この言葉。

本当にそうなんだなぁ・・・とものすごく実感しました。
たった数行の短い文章、でもその数行にものすごく意味が込められている。この言葉は、まさに今の自分を言いえているものだった。

たった1つの言葉。でもその言葉が、心を癒す効果がある。
些細な出来事ですが、これをきっかけに相田みつをに興味を持ってみました。
「心が洗われた瞬間」より)

この言葉に出会えたことで、また1つ勉強になりました。
実際に体験したことは、どんな言葉よりも重い事実ということ、障害者分野で働いている自分にとってはとても大きな意味をもつものでした。その後のblogで、結果的には「てんかん」ではなく「パニック障害」と確定診断されましたが、やはりそれでも「障害」と言うものを実際に自分の身で体験したことは、体験しなければ本当の意味はわからないということを気づかせてくれました。だからこの言葉も、自分にとっては大切な言葉です。


コネタマ参加中: あなたのTOUCHING WORD(大切な言葉)を教えてください!

« 本当なのかぁ? | トップページ | 久しぶりのジムワーク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/44725962

この記事へのトラックバック一覧です: コネタマ;TOUCHING WORD:

« 本当なのかぁ? | トップページ | 久しぶりのジムワーク »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ