2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 批評はしたくないけど・・・ | トップページ | 契約→解約 »

2009.04.24

結局、自己保身?

週1回の派遣社員、今日も介助を1つ1つ教わりました。
と言うか・・・1回教わったらもうデビュー。ちょっと早すぎ・・・って感じもありますが、まったく介助をやった事のないわけではないので、ある程度話を聞いてポイントをとらえ、そのまんま1人で介助、といった状態です。まぁ粗相なくやっているので、問題ないでしょう。そして来週は完全に「介助独り立ち」になるでしょう。
と言っても、今現在の介助は「トイレ介助」だけ。きっとこの先、食事介助もすることになるでしょう・・・あぁ、どんどん増えます。

そんなわけで、介助をして腰を痛めている状態ではありますが・・・また文書が出ました。今度は、労働組合側から。

以前保護者会から組合に「申し入れ書」が出されましたが、今日は職員に対して「申し入れ書」に対する回答が配られました。
まだ保護者のもとには届いていませんが、率直な感想を言わせてもらえば、やはり自己保身だな・・・と感じます。正直自分も広い意味で「同じ輪」の中にいる人間なので、その発言の妥当性には偏りがあるのも事実。なので、自分の場合は第3者的立場で見れる人に、手紙を渡してみてもらい、意見を求めている。その「第3者」が、うちの母親。自分がこの仕事をするようになってから色々と意見を聞いたりしているけど、今回の件に関しても「どう思う?」と聞いてみることに。母親の答えも「やっぱり自分のことを守っているんじゃないの?当然かもしれないけれど」とのこと。やっぱり傍から見てもそう思うということは、当事者から見たらもっと感じるのかもしれません。

と言うより、もしかしたらこの文書を出すことによって、さらに墓穴を掘る可能性もあります。
色々と今までの経緯を回答の中で綴られていますが、文章を読んでいても「利用者のこと」に関してあまり触れられていない状態。読み様によっては「利用者のために行動をしたんですよ」とも受け止められかねぬような内容。ストライキの件に関しても「支援に差し障りのない範囲での行動」なんて書いてありましたが、そんなことは後からなんとでも言えることであり、ストをやった・やらないにかかわらず、「ストライキ」という行動をちらつかせたそのこと自体が「利用者軽視」であると言われても当然のように感じます。保護者にとって、どんな理由で組合が行動しようが、そんなことは知ったことじゃない。第一に考えてほしいのは「我が子」のことであり、そのことがなおざりにされたことに反発をしているのだと思います。さらにはこの件に関して保護者会の会長に文書を配りたいと打診したみたいだけど、保護者会からは「静観」の姿勢を取られ、やんわりと拒否された状態。その空気を読めずに行動した組合が勇み足を踏んだ形であることも感じられ、回答の中には「静観されたから行動をとった」とも読み取れる部分も。これもまた責任を保護者会に転嫁していると受け取られてもおかしくない書き方。下手に回答を出せば、問題をさらに深くする可能性もあります。

さらに・・・自分が一番面白くないのは、この期に及んで自分たちに「同情」を求めようとしている点。
今年の1月に入った時は完全に「外様扱い」され、自分たちの採用が「不当労働行為」として非難していたくせに、今日この文書を配った時は「ぜひ、目を通してほしい」と、あたかも何も知らない(ように見せかけている)自分たちに組合の正当性を訴えかける状態。さんざん今までやってきた割に、この件になると手のひらを返したような対応。自分から言わせてもらえば「何を今さら・・・」といった感じです。保護者会から申し入れ書が職員に配られたときは「なにもわかっていない」と言って、自分たちの回答を配る時は「目を通して」なんて・・・都合良すぎますね。どの文章も真摯に受け止める必要があるのに、この差って一体・・・誰のための行動何でしょうか?

まだこの問題、長引きそうな予感です。何が起こるか、この先全く見通しがきかない状態が続きそうです。

« 批評はしたくないけど・・・ | トップページ | 契約→解約 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/44780385

この記事へのトラックバック一覧です: 結局、自己保身?:

« 批評はしたくないけど・・・ | トップページ | 契約→解約 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ