2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 何を拠り所に? | トップページ | コネタマ;どのくらい待てる? »

2009.03.10

コネタマ;「卒業」と聞いて思い浮かぶ曲

一言。
ホント・・・疲れます。肉体的ではなく精神的に。一体いつになったら穏やかな日が来るのか。いろんな思いがあるのに、ホント嫌になります。
まだネタにまでできる状態ではないので、今の時点で何か言うことはせず、また多言も控えたいと思います。

さて本題。久しぶりにコネタマ。もしかしたら明日も「コネタマ」になるかもしれないけど・・・
今回のコネタマは「卒業と聞いて思い浮かぶ曲」とのこと。まぁ自分たちの世代では卒業ソングと言うと「卒業写真」になりますね。なんとなく卒業写真を聞くと、ちょっと気持ちはセンチメンタルになりますね。Mステでも「昭和世代の卒業式ソング」でトップ1になっていましたからね。でも最近はレミオロメンの「3月9日」がメジャーになっているみたいですね。あ、あと「旅立ちの日に」も最近歌われているとか。たしかに「旅立ちの日に」は、卒業式にふさわしい歌だなぁ・・・なんてディズニーのCMを見て思いますね。

でも自分にとって「卒業式の歌」と言えば、「巣立ちの歌」ですね。

♪花の色 雲の影
なつかしいあの思い出
過ぎし日の窓にのこして
巣立ちゆく 今日の別れ
いざさらば さらば先生
いざさらば さらば友よ
美しい明日の日のため

♪風の日も 雨の日も
励みきし学びの庭
かの教え胸に抱きて
巣立ちゆく 今日の別れ
いざさらば さらば先生
いざさらば さらば友よ
輝かしい明日の日のため

たしか小学校の時だったかな、それとも中学校の時だったかな?
どっちで歌ったか忘れちゃったけど、今でもこの歌は印象に残っていますね。やっぱり「卒業」と言うことを強く印象付けるものがありますね。また小学校にしても中学校だったとしても、どちらの生活もかなり思い出深いもの。それだけに、この詞は印象が強いものなのかもしれませんね。
ちなみに、コネタマの例題(?)であった「大地讃頌」は、中学校の時の合唱祭で歌ったor聞いたかな?

そんな「ピュア」な心も、今は汚れまくっていますが・・・(^^ゞ

コネタマ参加中: 「卒業」と聞いて思い浮かぶ曲は?

« 何を拠り所に? | トップページ | コネタマ;どのくらい待てる? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/44305995

この記事へのトラックバック一覧です: コネタマ;「卒業」と聞いて思い浮かぶ曲:

« 何を拠り所に? | トップページ | コネタマ;どのくらい待てる? »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ