2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 連投終了 | トップページ | 衝動買いではない、「衝動買い」 »

2009.03.14

コネタマ;定額給付金

話題の定額給付金ですが・・・果たしてもらえるのでしょうか?
と言うのも、役所の窓口で一人一人に現金をくれるのであれば確実にもらえますが、そうでないときは・・・

どうもここ最近のニュースを見ていると「現金給付」ではなく「口座振込」の自治体が多いみたいです。
そうなると発生すると考えられるときは・・・ちゃんともらえるのか。

そう、「お年玉」の不思議と同じです。
小さい時にお年玉をもらって、そのお金を親に預けたのに、気がついたらそのお金は無くなり、いつの間にか親のものに・・・

自分は未だに「とられた」と思っていますが・・・
要は何が言いたいのか。「現金給付」の場合はちゃんと一人ひとりを確認して給付されるけど、「口座振込」になると基本的に「世帯主の口座」に振り込まれることに。だから4人家族で18歳以下の子どもが2人の場合、親の給付金12000円×2+子どもの給付金20000円×2=54000円。「12000円」と言う響きだけだと物足りなさを感じますが、「54000円」となると、家計には大きな金額。これがもしちゃんと家族に配分されなければ・・・そう、「いつの間にかお年玉がなくなった」と同じ状態になるのではないでしょうか。

仮にそうならなかったとしても、18歳以下の子どもにはちゃんと渡されるのか。結局親の口座に振り込まれるため「子ども」ではなく「親の思い通り」になってしまうのでは。「貯金しなさい」「貯金しておく」となってしまうと、景気刺激策のはずで給付したお金が、そのまま眠りにつくことに。
これじゃ、お金を配った意味がありませんね。

もっとも、「12000円で何ができるのか」と言う点に話が及ぶと、できることは限られますね。
そのなかで、ちゃんと親から12000円もらえると仮定して、何か使えるとしたら・・・うーん、ケータイ買い替えの足しかな?
ホント、答えとしてはメチャクチャありきたりですが・・・


あ、今日は定期通院日。精神的に負担が多かったですが、このまま行こうと。まぁ、いつも通りです。


コネタマ参加中: 定額給付金、もらったら何に使う?

« 連投終了 | トップページ | 衝動買いではない、「衝動買い」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/44345926

この記事へのトラックバック一覧です: コネタマ;定額給付金:

« 連投終了 | トップページ | 衝動買いではない、「衝動買い」 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ