2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 横転 | トップページ | 情報がないから、わからない。 »

2009.03.03

雪体制

再び東京では雪です。前回の雪の時は仕事を休んだので自分にはそんなに関係ありませんでしたが・・・今回は違います。

前回の時は何とか雪が収まったため通常通りの時程でしたが、今日は朝の段階から雪との情報。
そのため今日は開所前から時程の変更を決定。利用者さんの帰りはいつもより1時間早めることと、明日の開所は1時間遅らせること。それに伴って利用者さんにも説明が必要だけど・・・ただ実際には1時間早めたにしても、ご家庭での受け入れ態勢が整っていなければ通常通りになってしまうため、直前の段階まで今日の予定を伝えられない状態。

そして午後になってようやく時程を伝えることになったけど、利用者さんの中には急な変更に納得いかない利用者さんも。
そんな利用者さんを連れて、乗り替わり添乗で第1便に乗り出発。ただ、ここでも時間調整が必要で、ドライバーさんに「スミマセン・・・30分、ドライブとかで時間をつぶしてもらえませんか?」とのお願い。早く帰っても迎えが来ていなければ意味ないし、そのままずーと留まっているのも良くない状態。そのため施設を出発して30分間は市内観光。

とはいえ・・・なんとなく不穏な状態。
それもそのはず、いつもと違う道を通っており、こだわりのある利用者さんにとってみれば「異質」な状態。でも、だからと言って早く帰ることもできないので、その辺は利用者さんに理解してもらって30分間時間をつぶすことに。まぁ自分はほかの利用者さんとコミュニケーションをとったりするなどして遊ばせてもらいましたが、その一方でこだわりを持っている利用者さんがパニックにならないかが心配。

結果的にはパニックはなく、1便の送迎も無事に終了。
施設に戻ると臨職さんの姿はほとんどなく、雪の影響で足早に帰宅。でも自分は正職のため、定時まで残ることに。その間、ケース記録を書いたり明日の準備をしたりするなどして、時間つぶし。利用者さんは早帰りになっても、職員は全然関係ありませんから。もちろん、明日も同様で開所が1時間遅れでも職員の出勤はいつも通りですから・・・

雪体制、あくまでも「利用者さん」のことだけであり、職員は基本的に関係ありません。
でも・・・もし明日モノレールが動いていなかったら・・・休もうかな?(^_^;)

« 横転 | トップページ | 情報がないから、わからない。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/44236393

この記事へのトラックバック一覧です: 雪体制:

« 横転 | トップページ | 情報がないから、わからない。 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ