2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 彼女ができました。 | トップページ | 少しでも理解を得られれば »

2009.02.20

冷静な支援を

本日給料日。今月分から厚生年金などが引かれました。
ホント、厚生年金は国民年金よりも高額。もちろん報酬比例だから国民年金よりは高く貰えると思うけど・・・でも、なんか納得いかない気分ですね。

まぁ高い金額が引かれるようになったのも、まともに働けるようになったからこそのこと。
正規職員として戻ってもうすぐ2カ月。でも、まだまだです。

ここ数日は同じ利用者ばかりについている状態。
今日も今週3回目の利用者さん。どうも自分は苦手みたいで、なかなかうまくいかないのも現実です。

いや、それなりにコミュニケーションは図れるようになってきました。
落ち着いた環境であればちゃんと耳もむけてくれますし、なんとなく会話も成立します。ただ、あくまでも「落ち着いた環境」での話。普通の環境になると・・・テンションアゲアゲの状態。自分でコントロールするのが難しいみたいです。

しかしそんな状況下でも、昔の学校の特定の先生が来ると「ピシッ」と人が変わったかのように変わります。
もちろん学校時代に色々と経緯があってそのようになっているのですが、基本的に「できないわけではない」利用者さんだと思うのです。それがたとえ「畏怖」であっても。
でも施設ではそういうものを使ってやるのはプロとしてのやり方ではないと思うので努めて冷静に対応していかなければなりません。

色々と利用者さんの情報を耳にしており、それに基づいて支援も展開。
そんな今日、その当時の学校の先生が施設に特別支援学校の実習生の巡回指導で来ることに。すると今までテンションが上がりっぱなしで自制がきいていなかった利用者さんが一気に冷静になり、今までと打って変わった姿に。その一方で、手は「バイバイ」と、早く帰って欲しい状態をアピール。

そんでもって、先生が帰るとまたいつもの姿。
直接は自分は見ていなかったのでどれくらいの変貌ぶりなのかはわからないけど、現場にいた人の話では「えっ、ホントに○○さん?」というくらいの変化。へぇ、そうなんだ・・・と思いながら、気持ちの盛り上がっている利用者さんに対応。先生がいた時はなりを潜めていた姿も、先生が帰った後は一気に爆発。そんな状態を、自分は努めて冷静に対応。でも、そんな自分も最終的には感情的になり、自分の気持ちの中で「どうして先生の前ではできて、ほかの人ではできないのか?」という思いに駆られ、頑固になってしまうことに。結局、利用者さんは落ち着かず作業にならない状態。いや、別に作業をしてくれとは思っていませんが、自分の行動には責任をもって対処してもらいたいとの考えでいたので、そのことをお願いしていた状態。でも結局、できないまま終わることに。

感情的・・・と言いましたが、決して言葉が感情的になったわけではありません。
自分の思いだけが感情的になってしまい、冷静に支援することができなかったなぁ・・・と後から反省です。もちろん利用者さんとはまだ2カ月足らずしか一緒に過ごしていない状態。そんな簡単にできるわけないことは十分に承知しているのですが、長年いる人の対応を見ていると、まだまだ自分は未熟なことを痛切に感じます。ただ、その部分が一方で「支援のブレ」になってしまうのではないか、と思ってしまい、これもまた考えものなのですが・・・

きっとこういったことを解決するのは、本当に根本的に考えなきゃいけないのかもしれません。
今の状態で解決することはちょっと難しく感じており、本気の姿勢を見せないと難しいのかな、と思います。いつも利用者さんとは真正面からぶつかっていますが、支援の難しさを感じています。冷静にすることを心がけていますが、やはり人間としての器が出来上がっていないためか、時折感情的になってしまいます。支援者としては、直していかなければいけませんね、ハイ。

« 彼女ができました。 | トップページ | 少しでも理解を得られれば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/44124675

この記事へのトラックバック一覧です: 冷静な支援を:

« 彼女ができました。 | トップページ | 少しでも理解を得られれば »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ