2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 再開発で、なくなるもの | トップページ | コスプレスポーツクラブ »

2008.12.20

コネタマ;人生で最も輝いた瞬間

まだ人生30年しか経っていないのに「最も輝いた瞬間」というのは、どうかなと思いながらも・・・

一応、今の時点での「輝いた瞬間」は、小学6年から中学1年の時かもしれません。

ここでもたまに触れたりしていますが、昔児童劇団に入っていました。
そのため、学校を休んだり、あるいは早退したりすることがちょくちょくありました。しかしちょっとその状態が変わり始めたのが、小学6年のころかもしれません。

それまではオーディションを受けたりしてCMに出たり、エキストラで映ったり・・・と言うのがほとんどでした。
ただ、小学6年の冬頃、ある映画のオーディションに合格して撮影をするときから、ちょっと変わってきました。あえてここで映画の名前を出すことはしませんが、その映画の撮影のために、学校を休むことがありました。その期間が、卒業式直前1週間前。本来は卒業式の時も撮影が入っていましたが、「卒業式は出して」という母親と劇団の要望から、卒業式の日だけは撮影を休みにして卒業式に出席させてもらうことにしました。

と言っても、撮影の場所は、広島。
当時の東京-広島間はまだ「のぞみ」がないため、一番早くても5時間程度。当然のことながら「通う」なんてことはできませんので、卒業式1週間前は広島に滞在。現地で撮影をやって、卒業式の前日に一時帰京。そして卒業式に出た後は、そのまま広島にとんぼ返り。今思えば「まだ幼かったなぁ・・・」と思いますが、その時の自分はちょっと母親に強がって「大丈夫だよ」と言っていましたが、内心は「戻りたくないなぁ・・・」と言う気持ちもあったかもしれません。ちょっとおセンチになっている部分もありましたから。

ただ、話はこれで終わらず、さらに続くことに。
卒業式が終わってしばらくしてのこと、母親がロケ地まで来ることに。「ホームシック」の解消と言うのもあったけど、それと同時にもう1つの「伝達事」をもって広島に。それは、夏休みに舞台の仕事が決まったとのこと。ここも作品名こそは挙げませんが、場所は日比谷の日生劇場。日生劇場と言えば、小学校6年の時に教育活動の一環で都内の小学6年生のクラスを抽選で日生劇場での観劇に招待するというものがあり、それに当選して学校で日生劇場でお芝居を見ることに。当時から劇団に入っていた自分は純粋に「見る」ことよりも、お芝居を「勉強する」と言う感じで見ていた状態。それだけに自分が見ていた舞台に立つことができることを知った時は、本当に驚きでした。1年前は客席から芝居を見ていたのが、1年後にはその舞台に立って芝居を見せる側になるのは、本当に感慨にふけるものでした。

そんなうれしい知らせを聞きながらも、映画の撮影は続行。
で、当初は中学校の入学式前日にクランクアップして東京に帰れる・・・予定だったのですが、悪天候により撮影スケジュールが長くなり、結局入学式に出れず、撮影が長引いて帰ることに。当然中学校では「休んだ」と言うことがクラスの中で評判になり、ちょっと浮くことに。でも浮いたのはこれだけではなく、その後の舞台の稽古で早退をしたり休むこともあってさらに浮くことに。そして挙句の果てには児童福祉法に関係する書類を書いてもらうために、学校長に担任を通じて書類を出すことに。入学してひと段落するどころか、さらに忙しさは加速していました。

でも、そんなに慌ただしいあの頃が、今では「輝いていた」と感じますね。
今は全然そんな面影もなく、今の仕事も当時の華やかなものから180度変わった位置にある仕事に就くことに。そしてもし戻ることができるのであれば、大人の脳をそのまま持ちながら、中学時代に戻りたい。そうすれば、もしかしたら自分の未来は変わっていたかもしれません。

そして今は、今の時点で人生で最もどん底にいる瞬間。
まだ人生は長いですから、またどこかで輝くことができると、いいのですけどね・・・(^^ゞ


コネタマ参加中: あなたの人生で最も輝いた瞬間は?

« 再開発で、なくなるもの | トップページ | コスプレスポーツクラブ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/43477044

この記事へのトラックバック一覧です: コネタマ;人生で最も輝いた瞬間:

« 再開発で、なくなるもの | トップページ | コスプレスポーツクラブ »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ