2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« のほほんと | トップページ | つい、うっかり・・・ »

2008.08.22

話題作りなら、いらない

Yahooニューストピ「リストカット」に「自傷行為」 なぜ次々芸能人が告白するのか

 リストカットなど自傷行為を告白する芸能人がここのところ急増している。女優のOさん、元「モー娘。」のKさんなどが記憶に新しいが、グラビアアイドルのAさん(19)も、「私は自分を(刃物で)傷付ける行為をしていた」と2008年8月21日付けのブログで告白した。間もなく発売のDVDにもその傷が映っているのだという。なぜ芸能人としてハンデになると思われるこのような告白が相次ぐのだろうか。

■「誰もそんなこと気にしないよ」
 Aさんは08年8月21日、「重要な報告です」という題でブログを書いた。環境の変化にうまく対応できず、ストレスを抱え込んで悩み、

  「過去に自らを傷付けてしまう行為をしていました」

 と告白したのだ。今も赤く目立つ傷が体のところどころに残っていて、08年8月末に発売する初のDVDにも傷が映っているのだという。Aさんはこの報告が遅れてしまったことを詫び、

  「こんな私でもグラビアの仕事を続けていられるのは、ブログで応援して下さっている皆さんのお蔭です」

と神妙な文章で結んでいる。ブログのコメント欄には80もの投稿があって、

  「勇気出して報告ありがとう。ここのみんなは応援してます」
  「誰もそんなこと気にしないよ(^ー^)」

などと励ましのコメントが並んでいる。
 アイドルが自傷行為をしていたといった告白は、イメージダウンになるというのが従来の考え方だ。しかし、今年に入りこうした告白が増えている。Oさんは08年4月発行の著書「紅い棘」で、高校時代に孤独感からリストカットをしていたと書いた。Kさんは喫煙問題で所属事務所を解雇された後、自分の将来に悩み、家にあったハサミでリストカットしたと08年4月のテレビインタビューで語った。
 08年7月には女性芸能人が「ai-ka」というペンネームでケータイ小説「アイドル。」を出版。真実が書かれている、という触れ込みのこの本には、主人公がリストカットをするシーンが度々出てくる。また、お笑い芸人のTさんが、リストカットしていたことが08年6月にネットで話題になった。これはまだ売れる前のTさんが、雑誌「裏BUBKA」の03年5月号のインタビューで話したものだった。

■「話題の提供というところですかね」
 なぜ芸能人はリストカットなど自傷行為を告白するようになったのだろうか。Aさんが所属する芸能プロダクションのエートップはJ-CASTニュースの取材に対し、今回の告白はAさんとプロダクションの話し合いのもと決めたと話した。Aさんの足には小さいけれども多数の切り傷があり、化粧などで隠そうとしてもDVDのシャワーのシーンなどで化粧が流れてしまう。サイン会などでスカート姿だとファンに傷がわかってしまうため、思い切って公表することに決めたのだという。同プロダクションは、「ありのままを見せなければいけない、というか、ブログはあんな感じですが、それほど深刻にどうのこうのというわけではないんですよ。今月末にDVD発売のイベントがありますから、話題の提供というところですかね」と話した。
 漫画「リストカット症候群から卒業したい人たちへ」を監修した、阪南病院の西側充宏精神科医はリストカットに至る原因をこう説明する。
 
 リストカットをする若者が年々増えているが、死のうとして切っているのではなく、切った痛みで生きている実感を求めたり、周りの人に心配してもらいたいという欲求から、つい切るのが癖になってしまう場合が多い。

 西側医師は「リスカ」という文字が、ネットなどで軽々しく語られる現在の風潮を「時代が変わったのかな」と感じているのだという。「親からもらった体を大事に、と昔は言いましたよね。それを『リスカ』ですからね。リストカットしてしまう原因は本当に様々で難しい。そんな中で、有名人がリストカットのカミングアウトすることは、影響力があるだけに、どうかと思います」(J-CASTニュース)

今回は色々と変えさせていただきました。まぁわかるとは思いますが・・・
まぁ幸いと言うか無事というか、自分はいわゆる「リスカ」なんてことはしたことはありません。っていうか、怖いですからね、やっぱり。その代り「自傷」と呼ばれる類のことはしていたかもしれません。自分の手首を噛んでみたり、自分自身を叩いてみたり・・・もちろんそんなに大きなことになるほどはやっていませんが、やはり心の不安定からそんな行動をとっていたのだと思いますね。

ですから「自傷」という行動そのものを非難するつもりはありません。
私自身、失業生活が長く続き、障害の壁が就職を阻んだとき、やはり精神的に不安定になって自傷行為に走ったことが度々ありました。ですから自傷をする気持ちと言うのはわかります。でもそれをネタに「一旗揚げる」ようなことをするのはいただけないかな・・・と感じます。取材の中でもプロダクションが「話題の提供というところ」と軽々しく答えているのは、なんか腹立たしさすら感じますが・・・もちろん当事者にとっては深刻な状態だったと思いますが、話題作りのために自傷をあげるなら、そんなものはいりません。自傷に走るというのは、それだけ精神的に追い込まれている証拠なのですから。「生きてる証」とか「構ってもらいたい欲求」なんて言うのは、後付けの理由にしかなりません。自傷行為を軽々しくカミングアウトするのは、やめたほうがいいのではないかな・・・と感じています。

今日は通院日ではありませんでしたが、このトピがあったので、ちょっと触れてみました。

« のほほんと | トップページ | つい、うっかり・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/42242901

この記事へのトラックバック一覧です: 話題作りなら、いらない:

« のほほんと | トップページ | つい、うっかり・・・ »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ