2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« やっぱり最後 | トップページ | 一応、男 »

2008.06.05

結局、何したんだろう・・・

ここ最近、blogのネタを忘れてしまうことが多々あります。特に仕事中。
仕事のときに「あ、これはネタにできるかも・・・」と思いながら、いざパソコンを目の前にすると「あれ・・・なんだっけ?」と忘れてしまう状態。まぁ「忘れてしまう」くらいなので、きっと大したことじゃないのだと思いますが、どうもそんな状態が続いており、何か自分でもイヤだなぁ・・・と思ってしまいます。

で、結局今日は何があったんでしょう・・・忘れちゃいました。
ただ、今日は久しぶりに定時で帰ることができたので、ちょっとウレシイ。もちろんケースはあったけど、そんなに考え込むような内容ではなく、事実を淡々と書くだけのケース。気になったこととかの報告もしたけど、今日はそんなに悩まなかった感じ。

よくよく振り返ってみると、たしかに今日はあんまり慌しくなかったかも。
袋のチェックもなかったし、ここ最近は行事のことであまり作業のほうにも入らなくても回っていた状態だったので、それをいいことに自分は結構自由にお仕事。もちろん人手が必要なときは入りましたけど、それでも今日は十分に余裕のある状態。行事の準備も着々と進んでおり、あとは配置だけ、と言ったところです。

そんな感じで、今日はバスの添乗もなくすんなりと帰宅。
家に帰ると「出かけよう」とのこと。実は日曜日に出かける予定だったけど、体調が悪くて出ることができなかったため、その分のお出かけをしようとのこと。といっても、自分にはあまり関係なく、兄の服を見に行こうとのこと。つまり、自分は「足」となったわけであり・・・まぁこれはいつものことなのでそんなに気にしていませんが・・・ウン。(謎)

結局ここまで書いて、やっぱり「今日のネタはなんだったんだろう・・・」と見つからない始末。
あぁ、そういえば本屋に寄ったからそのことなのかなぁ・・・とふと思ったけど、でもそれだけで埋まるような内容でもないし、やっぱり自分が考えていたネタは、大したことがなかったのでしょう。

それにしても、本は欲しいんだけど・・・微妙な立場だから、どの本を選べばいいか迷っているんですよね。
うーん、色々と心の迷いもあり日々葛藤中。いつになったらこの歯がゆさから脱出できるのでしょうか?

« やっぱり最後 | トップページ | 一応、男 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/41437364

この記事へのトラックバック一覧です: 結局、何したんだろう・・・:

« やっぱり最後 | トップページ | 一応、男 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ