2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 見落とした着眼点 | トップページ | ホントに焼き手 »

2008.06.10

着実に成長

週に1回の清掃業務。いつもの利用者さんと一緒に、お掃除です。

で、今日も「独り立ち」を目指す利用者さんと一緒にお掃除。
ただあくまで「独り立ち」を目指しているので、基本的に自分は何もしません。見ているだけ。今回は特に指示も出さずに、利用者さんの動きだけを見て、必要なときに助言をする程度。

現在の清掃業務、利用者さん4名に対して職員は2人。いずれは職員1名にする方針だけど、そのためには利用者さんの独り立ちが必要なわけで、そのうち2人は完全に独り立ち、1人はもうすぐ巣立ちの状態で、残りの1人が「うーん、頑張れ・・・」と言ったところ。要はこの利用者さんがある程度のレベルまで達しないと、職員1人体制は難しい状態であります。

ただ、今日は自分があまりやらずに、利用者さんを客観的に見ていたためか、色々と気づきが。
特に感じたのは、掃除機の使い方。普段掃除機を使うのことの少ない利用者さん、もちろん今回の清掃業務で初めて掃除機を取り扱ったであろう利用者さん。最初はなかなかうまく掃除機を使いこなせず、また同じところばかりを何度もやっていた状態。「まだまだだな・・・」と思っていたのですが、今日ふと観察をしていると、最初の頃に比べてずいぶんと掃除機を使っていることに気づきました。よく「(掃除機が)吸っている音を確認して」と声かけをしていましたが、ちゃんとその音を聞き分けて掃除をしていることを確認しました。先週の時点ではそこまで確認できませんでしたが、ちょっとした進歩です。まぁ独り立ちをするのにはあと一歩・・・と言うところですが、着実に成長していることは今日の清掃で実感をしました。

当初はどうなることやら・・・と思っていた清掃業務。
でもここに来てようやく日差しが見えてきた様子。4人の利用者さんのうち、2人の利用者さんに関しては完全にお任せをできる状態。もう1人の利用者さんも声かけをすれば大丈夫。残すはこの利用者さん、4月からみっちりとやってきていますが、ようやくその「芽」が育ちそうな感じです。動物で言えば一人で歩き出そうと頑張っている状態。もうしばらくかかりそうですが、「独り立ち」の日は着実に近づいていることを実感した今日の清掃業務でした。

« 見落とした着眼点 | トップページ | ホントに焼き手 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/41495590

この記事へのトラックバック一覧です: 着実に成長:

« 見落とした着眼点 | トップページ | ホントに焼き手 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ