2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 停滞期 | トップページ | やること、大丈夫? »

2008.03.24

人のクツ持って行くなぁ!

年度末、色々と慌しいばかりです。仕事も色々入ってきていますし、施設的にも色々あり、慌しいです。
そんな中、利用者さんはマイペース。そう、あんまり利用者さんにとっては「年度末」って言うのは関係なさそうです。

さて以前と何度となく「傘」の話をしている自分。
そう、傘にまつわる話は色々あって、自分の傘を利用者さんに持っていかれてしまったり、その傘が偶然返ってきたり、あるいは「傘忘れないでねぇ!」と言いながら自分が傘を忘れたり・・・などなど、傘ネタはたくさんあります。今日も傘を持って「忘れないでねぇ」の声かけ。でも実は一番怪しいの自分だったりするわけで・・・(今日はちゃんと持って帰ってきましたよ。)

でもホントにこの作業所、油断も空きもありません。
身の回りのものの行方が分からなくなることは、よくあること。名前が書かれていないから、誰のものだかわからないことがしばしば。でも靴ぐらいは・・・と思っていた矢先のこと。

どこの作業所や施設にも必ず一人が二人はいる、「施設へのこだわり」。
帰る時間になっても「こだわり」があるため、なかなか帰らない利用者。いろんな方法を試してみているもの、なかなか効果が上がっていない状態。とりあえずは「敷地の外に出てもらう」ことで対応している現実。そんな中、今日も利用者さんが帰った後も部屋に残っている利用者さん。「ハイ、サヨナラ~!」と帰っていただくと、いきなりオイラの靴を履いて帰ろうとしたためすかさず「オイ、それは俺のだ!」と突っ込み。そのあとは自分の靴を履いて帰りましたが・・・

いやぁ・・・自分が履いてきた靴がわからないなんて・・・「全然違うだろう!」と思うのに、何でこんな「ミラクル」を起こすのでしょうか。この利用者さん、以前にも他の職員の靴を履いて帰ろうとして止められた経緯が。決して手帳の判定的には3級程度の利用者さんだけど、自分の靴と人の靴の区別がつかないなんて・・・オイオイといった感じです。いつもはそんな間違えをしないのに、ここ最近は間違え頻発。早く帰ればそんなことはないと思うのですが・・・何かの回路が間違って作動しているのでしょうか。

いやはやホントに・・・油断できません、ハイ・・・(-.-)

« 停滞期 | トップページ | やること、大丈夫? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/40627677

この記事へのトラックバック一覧です: 人のクツ持って行くなぁ!:

« 停滞期 | トップページ | やること、大丈夫? »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ